苦瓜炒肉片(クーグワチャオローピェン)

「苦瓜」(クーグワ)はゴーヤ、「炒」(チャオ)は炒める、「肉」(ロー)は肉、「片」(ピェン)は薄切りにしたものの意味で、「苦瓜炒肉片」(クーグワチャオローピェン)はゴーヤと薄切り肉の炒め物の意味になります。ゴーヤは日本では沖縄料理で有名だけど、かつおだしを利かせる沖縄風もよいけれど、本格中華で味がビシっと決まる北京風の味付けは、素晴らしく美味しかった。ピンイン:Kǔguā chǎo ròupiàn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。