红枣(ホンツォー、ホンザオ)

<中国料理の全記事表示は≫こちら


新疆ウイグル自治区のトルファンの市場でラグマン(手延べ麺)を食べたとき、卓上にはナツメの実のお茶がヤカンごと置かれていた。ウイグル人にこの名前を書いてもらったところ「红枣」と書き、「ホンツォー」と言っていた。中国普通話のピンインは「Hóng zǎo」なのでこの場合の発音は「ホンザオ」になる。なお間違いやすいのだがナツメの実とナツメヤシの実は違う。写真は前者。後者はデーツとして知られるもの。

・写真をご使用になりたい場合、料金は≫こちら)。
・無断使用禁止。(商用・非商用ならびに営利・非営利を問わず)(個人、団体、企業等を問わず)