伝統的湯沸かしのモニュメント

ウルムチの二道桥市场(二道橋市場;アーダオチャオ市場)で見かけた、伝統の茶の様式が分かるモニュメントです。手前下のコックや上に茶葉を浸したポットを乗せられる構造から、これがサモワールという今もロシアなどで見られる2段式湯沸かしであると分かります。また、左手に取っ手&右手に注ぎ口の構造からはこれ自体がヤカンのように湯を注ぐものであることも分かります。

コメントを残す