カキリマのメニュー

「カキリマ」はインドネシアでよく見られる移動式屋台のことで、語源は「カキ」=足、「リマ」=5。名前の由来には諸説ありますが私は「5フィート(約1.5 m)の長さを持つ」というオランダ支配時代の度量衡(どりょうこう)に基づくという説を支持しています(よく5本足と書かれるがインドネシア語で5本足はリマカキでありカキリマにならない)。写真のカキリマは準備中ですが、魚をメインのおかずとするマルク諸島料理「ナシクニンイカン」が看板に掲げられていました(ナシ=ごはん、クニン=黄色、ナシクニン=イエローライス、イカン=魚)。

※「カキリマ」の綴りは「Kaki lima」。「ナシクニンイカン」の綴りは「Nasi kuning ikan」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です