干贝海带粥(カンペイハイタイジョ)

新彊ウイグル自治区の中心都市である烏魯木斉(ウルムチ)の粥屋で食べた美味しいお粥です♪。 干贝(カンペイ)=貝柱(小さいものだった)、海带(ハイタイ)=昆布。その他、にんじん、生姜、ねぎが入っている粥(ジョ)=お粥でした。海から遠く離れたウルムチの食には干した海産物が使われるのですね。なんだかこうやって食と地理がつながる瞬間は楽しいですね。

※「干贝海带粥」(カンペイハイタイジョ)のピンインは「Gān bèi hǎi dài zhōu」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です