كالا گۆش شۇرپا(カラグシュシュルパ)を作る男性

中国とカザフスタンの国境にある霍尔果斯(コルガス)の街で、「كالا گۆش شۇرپا」(カラグシュシュルパ)を作る男性。器の底にブツ切りのカラグシュ(ゆで牛肉)を入れている。そしてにんじん、かぶ、トマト、にんにくがごろごろ入るシュルパ(スープ)を入れて完成する。調理時には肉と野菜を一緒に煮込んでいるので、汁には牛ダシが良く出ていて素晴らしく美味しかったです!

※「كالا گۆش شۇرپا」は「ك ا ل ا گ ۆ ش ش ۇ ر پ ا」が「a p r u sh sh u g a l a k」でこれを右から読む。なお「グシュのۆ」も「シュルパのۇ」も日本語カタカナ表記では「ウ」としたが、「グシュのۆはカザフキリル文字のө」(オエウの間のあいまいなウ)で「シュルパのۇはカザフキリル文字のу」(割ととがったウ)のように、日本人にはなかなか聞き取れない発音差がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です