бешпармак(ベシュパルマク)

<カザフスタン料理の全記事表示は≫こちら


カザフスタン人の皆が「これぞカザフ料理の代表」と言う。ベシュ=5、パルマク=指。昔フォークなどない時代、5本指で掴んで食べたことに由来します(そんなん言うたらいろんな料理がベシュパルマクやん、とは突っ込まずにおく)。現在の定義は「幅広麺を肉の煮汁の旨みで調味したもの」。玉ねぎは旨み増強必須素材。丼に入ったつゆだくのベシュパルマクもうどんみたいで美味です。

・写真をご使用になりたい場合、料金は≫こちら)。
・無断使用禁止。(商用・非商用ならびに営利・非営利を問わず)(個人、団体、企業等を問わず)