タグ: おかず(肉)

كوزي(クージ)

本来は詰め物を意味するお祝い料理のクージ。この写真はクージ専門店のクージですが、詰め物という要素はなく、調理したチキンをスパイス炊きライスに乗せ、スパゲティーやゆで卵であしらっています。サウジアラビア料理レシピを見ても、今、クージは、米とスパゲティーとあわせるスタイルの肉料理である要素も大きいようです。…

برم(ボルマまたはブルマ)

サウジアラビア料理は「米に肉が乗る」料理のバリエーションが豊かですが、その中で群を抜いて美味しかったのがボルマ(ブルマ)です。羊肉をじっくりじわじわと壺で煮て、客の注文が入ると米と壺をサーヴします。羊肉のスープが至極美味。美味しすぎてごはんにかけても旨さが薄れない。ボルマすごいなあ。…

كبسة(カブサ)

カブサはサウジアラビア国民食として大変有名ですが、単一の料理を指すのではなく、広義には米に肉が乗る何タイプもの料理の総称です。カブサの代表例はマンディやマドグートです。写真はメニューにカブサと表示されていた料理で、マドグートの技法(つまり圧力鍋で最後に肉と米を蒸し上げる)で作ったものが出されました。…

دجاج مندي (ダジャジマンディ)

ダジャジは鶏肉、マンディは土中蒸し焼き料理の意味です。縦穴に木を入れて燃やすか穴底にガス管を通し、米の入った鍋を置き、その上に網を敷いて鶏肉を乗せ、フタをしてじっくりと調理します。肉汁や旨い脂が米にしたたり落ち、ごはんの味が実に良くなるのです。マンディは肉の表面をサフランや着色料で色良くすることが多いです。マンディはカブサの一種です。…

لحم مندي(ラハムマンディ)

ラハムは肉の総称ですが、通常は羊肉(あるいはヤギ肉)を指します。マンディは土中蒸し焼き料理の意味です。縦穴に木を入れて燃やすか穴底にガス管を通し、米の入った鍋を置き、その上に網を敷いて鶏肉を乗せ、フタをしてじっくりと調理します。肉汁や旨い脂が米にしたたり落ち、ごはんの味が実に良くなるのです。マンディはカブサの一種です。…

مضغوط(マドグート)

英語で「compressed」(圧力をかけた)を意味するマドグートは、圧力鍋を使ってお肉を柔らかく煮て、ごはんと共に頂く料理です。「ــغــ」は「gh」の音価で「グ」より軽い音になるため、マドフートに聞こえることもあります。トマトやスパイスと共に煮込まれたお肉が柔らかくて、絶品。マドグートはカブサの一種です。…

مدفون(マドフン)

「埋もれた物」という意味の料理。お肉を香辛料と蒸し煮にしてから、最後は半分火が通ったごはんと共に調理して完成します。焼いたお肉と違ってお肉が柔らかく、手でつかむと肉の骨離れも良く、良い味がします。レストランでは炊いたごはんを用意してあるので、アルミホイルで蒸した肉が出てきて、たっぷりの肉汁ごとごはんに乗せてくれるスタイルでも出てきます。…

برياني(ビリヤニ)

イエメンのビリヤニは、周辺アラブ国と同様の、オレンジや白のカラフルなバスマティ米をスパイシーに炒めたものです。色は色素でつけますが、その目で見る美しさもイエメニビリヤニの魅力です。これに素揚げチキンなどの肉類をあわせていただきます。米が上手に油を吸ってパラパラしたものは、美味しすぎてつい食べ過ぎてしまいます。…

stvorlistok(シュトールリストゥク)

スロバキアでは、お惣菜をゼラチンで固めた料理が大変に多いんです。チーズ、角切り野菜のブイヨンゼラチン固め、マヨネーズサラダ、ハムが順々に層になっていて、全体がブイヨン味のゼラチンで固められています。なんか、少しずつ口に入れて溶ける食感から楽しみたい、そんなちょっとよそ行きなリッチ感のあるおかずです。…

Sznycel z yaykiem(ストゥヌーツェルズヤイキエム)

国境のあるブディスコで食べたので、ポーランド最後の食がこれでした。チキンカツは本当に薄味。そのかわりフライドエッグにきちんと塩味がついています。これをとろんと絡めて食べると美味しくて、チキンに塩味をつけるよりもこれからは卵に味をつけようと決心してしまったほど、良かったです。…

سلتة(サルタ)

これぞイエメンを代表する料理。石鍋又は鉄鍋をマグマの如く強熱し、客の注文を受けたらひき肉ソテー、野菜(ナス、玉ねぎ、オクラなど)のトマト煮(フランスのラタトゥイユのようなもの)、少々のごはんを入れてぐらぐらと煮て、仕上げに野菜ピューレ(きゅうりもしくは生オクラ味の、実はフェヌグリーク葉のとろとろピューレ)を乗せて完成。上のピューレの青くささが微妙と思うこと、時にあり。…

マンディ

砂漠の遊牧民料理が今もUAEの国民食。マンディは同じアラビア半島にあるイエメンが起源とされる、「炙られた味つき肉」をごはんと共に提供するものです。鶏肉や羊肉を塩・香辛料・色素に漬け込み、オーブン焼きまたは油に通して調理します。写真はダジャージ・マンディ(ダジャージ=鶏肉)、または英語交じりでマンディチキンと呼ばれます。…

ギラバ

UAEを語る上で外せないのが砂漠の遊牧民の歴史。何かあれば「今日は祝いだ、ヤギを絞めて食おう」のような暮らしをしてきたのでしょう。今もUAEの国民食といえば、こういう肉をがっつりいただくものが欠かせないのです。ギラバは羊やヤギの肉をトマトや野菜と煮て香辛料で調味したもの。野菜も入っていて本当にご馳走です。ホブズをちぎってギラバをつかんでいただきます。…