【夏はスパイス!夏に合う世界の料理・第3回】オマーン料理ナシーフ

2021/07/25

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイスアンバサダー2021】

スパイスアンバサダーレシピ
使用スパイス:ターメリック、カイエンペパー、コリアンダー、クミン、カルダモン、ガラムマサラ
ターメリックカイエンペパーコリアンダークミンカルダモンガラムマサラ

夏だ!スパイスだー!♪♪

ほんと、夏の食事にスパイスは合いますよね!!

 <スパイスアンバサダー2021> 
スパイスアンバサダーの7~8月の活動テーマは、「スパイスを使う夏にぴったりスパイシーごはん」という、私にピッタリなテーマで、ものすごくテンションがあがります♪♪ そこで今回より、10回連載で夏に合う、世界10か国のスパイシーごはんを掲載していきたいと思います。

* * *

 <夏に合う世界のスパイシーごはんの選別コンセプト> 

世界のスパイシーおかず

夏に合う世界のスパイシーごはんとそのレシピを紹介します。10か国を選ぶコンセプトは以下の通りです。

  1. 世界246か国を俯瞰してその国にどんなスパイス料理(選定17種類内)があるかを検証し、私がその国でその料理を実食した本物の料理を重視する
  2. 夏に合う食事を選ぶため、赤道に近い国の料理を基本的に選定した。
  3. 第1弾:アフリカ編(2か国)、第2弾:西アジア編(2か国)、第3弾:南アジア編(2か国)、第4弾:東南アジア編(2か国)、第5弾:カリブ海編(2か国)と、地域をまんべんなく紹介したい。
  4. 夏に合うスパイシー料理といえばカレーだが今回は敢えてインドを外した。インドのカレーを除くことでスパイスレシピに新しい開拓をもたらす。
  5. 本物重視。スパイスを使った我流アレンジ料理にはしない。スパイスを使うその国の食とする。
  6. 主催者選定スパイス17種類のうち最低1つを使用する。そのメインスパイスは10回連載で重複せず、10回連載で主催者選定スパイスを10種類以上使うことになる。
  7. 全体を通して(10回内)国は重複しない

・・・と、このような壮大な検証を経て(ここに最も時間がかかったけれど楽しかった)、10レシピを選定しました。

世界の料理って本当に素敵です。

「美味しいものは、誰が食べても美味しいのだから」
食の幅が広がり、暮らしの楽しみが広がる。
興味を持ってくださり、作って食べて、そして、気に入って下さることを期待して。
ここではそんな思いを込めて、丁寧に10回連載を記載していこうと思います。

* * *

 【第3回】西アジア編・オマーン料理「ナシーフ」 

このカレーはすごい。インドのカレーと違い「アラブのスパイシーおかず」という海洋交易の歴史ある旨さがある。これは日本の夏の暑さにも合う料理だと思いました。

ナシーフ

heart『アラブの帝国の旨いカレー!ナシーフ』
材料(2人分):

牛肉
200 g
200 mL
玉ねぎ
1/2個
にんにく
1/2かけ
大2
ターメリックパウダー
小1/2
トマトピューレ
大1
生トマト
1/4個
カイエンペパー
小1/3
コリアンダーパウダー
大1
クミンパウダー
小1/2
小1/2
パクチーの葉
刻んで大1/2くらい
カルダモン
5さや
ガラムマサラ
少々

作業工程:20 分

  1. 牛肉を薄く切り、一口サイズに切る(棒状切りもOK)。
  2. 小鍋に牛肉と水を入れてゆっくり煮て、肉を柔らかくしておく。
  3. 玉ねぎは繊維を切るようにスライスし、にんにくをみじん切りにする。
  4. 別の小鍋に油と玉ねぎとにんにくを入れ、中火で炒める。
  5. ターメリックパウダー、トマトピューレ、生トマトを加えてさらに炒める。
  6. カイエンペパーパウダー、コリアンダーパウダー、クミンパウダーを加えてさらに炒める。
  7. 牛肉を入れてさらに炒める。
  8. コリアンダーの葉をみじん切りにする。
  9. カルダモンのさやを叩き割り、中の種をすりばちですりつぶしておく。
  10. 肉のゆで汁、塩、パクチーの葉を入れ、かき混ぜながらとろっとするまで煮詰める。
  11. 味見をして、塩加減や辛さ加減を調える。
  12. 仕上げにガラムマサラとカルダモンを加え、火を止め、混ぜる。
  13. Enjoy!
(←click!)
このレシピやブログ記事を気に入っていただけたら応援クリックお願いします(*^_^*)

ナシーフ

ナシーフを初めて食べたのは、一人旅で訪れたオマーンでした。スッとする香りが素晴らしい。美味しいカレー。香気高い美味しいカレー。労働者が昼食を食べにくるような食堂だったからこそ、庶民の味が食べられたのかもしれません。その後、中央部アフリカのチャドまでナシーフが広がっていることを確認いたしました。香りの高さの秘訣の1つは、潰したてのカルダモンや、ガラムマサラ。このカレーは、インドのカレーの記憶とはあまり重ならず、むしろ「アラブのカレー」という味わいであるような気がします。

「夏のごはんは、スパイシーが合う!」

これからも、その楽しさと美味しさが詰まったレシピを厳選し、夏に合う、世界10か国のスパイシーごはんを掲載していきます。どうぞ次回もご期待ください。よろしくお願いします。

世界のスパイシーおかず

世界のスパイシーおかず

世界のスパイスごはんレシピ

※本記事は(1)「ハウス食品×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画に参加していること、(2)スパイスをモニター提供されたことに基づき執筆するものです。



* * *

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。