ミャンマー料理

+++新着+++

  • ページを新規作成し、「基礎情報」、「地図」、「本文はじめ」、「Link」の項を記載しました(今後の投稿は、主食、ガピなどを予定しています)。

【基礎情報】

国名:ミャンマー連邦共和国Republic of the Union of Myanmar、首都:ネピドー、ISO3166-1国コード:MM/MMR、独立国(1948年英国より)、公用語:ビルマ語、通貨:チャット

▲目次に戻る


【地図】

ミャンマーは、西にインドバングラデシュ、東に中国、ラオスタイと国境を接する東南アジアの国です。

▲目次に戻る


◆油っ気と発酵の旨味でごはんが進む。麺も生野菜も美味しい国。

国中が仏塔だらけで、袈裟を着る人が沢山。ミャンマーは国民の多くが仏教徒の国です。平らな農地が多くて米どころ。パサパサしたごはんには油っ気の多い料理が合い、油が浮くような料理が多いからごはんが進む。ピーナッツ油をよく使うから料理からピーナッツのいい匂いがしてきます。そして生野菜をよく食べ、生野菜には唐辛子の辛さやエビダレのしょっぱさが合う。おかずを1つ頼むと食卓いっぱいに料理が並ぶし、漬物や豆腐やなれ寿司が登場し、酒も含めて食に禁忌がないなど日本人には嬉しいことがいっぱいです。ミャンマー人は優しくて人が良いので、地元の人々に提供してもらう料理はまた格別美味しいのです。

モヒンガー
川魚すりながしの汁仕立ての麺料理「モヒンガー」は朝食の定番。(撮影地ミッチーナ)

ラオスタイ、ミャンマーなど、東南アジアの内陸部に位置する地域は、北の中国雲南及び西のインド東北部をも含めて食の共通点が大いにあります。半径500km程度の範囲ゆえ、土地柄も似れば料理も似て然もありなん。発酵食品を使い、たけのこや野菜を漬物にし、生野菜や香味野菜をタップリ食べることも特徴の一つ。唐辛子を使う辛い料理も割とあります。遺伝子的に身体が小さいためか一皿が小さいことも共通点でしょう。

よくミャンマー料理は「インドと中国の影響」と安易に言われるけれどそうじゃない。私たち日本人が通常イメージする中国料理やインド料理とは随分とかけ離れています。よくある中華(漢族)の味付け過多とも、よくあるインド(アーリア)の香辛料過多とも違う。ミャンマー料理は自然の味わいが活きていて素朴です。そのほかミャンマー料理ならではの独自性を挙げると、油の多さ、ガピ(エビ発酵調味料)の際立った多用、茶葉を食べることなどが挙げられます。

ミャンマーはかつてタイのアユタヤを滅ぼしたほどの強大な国でした。しかしインド側へ進出しアッサムなどを併呑した頃に英国と衝突し、負けて英領へ。時は第二次世界大戦。インパール作戦でも知られる日本の東南アジアの進出は列強からのアジア解放でもあり、ミャンマーは日本軍と協同して英国を駆逐しました。英国から完全独立を達成した後は、社会主義を敷き、軍事政権設立へ。今はようやく民主化されましたが、社会主義や軍政ゆえ国の発展が遅れ、今も多くの国民が貧困を引きずっているように思います。

ミャンマーは135の民族を擁する超多民族国家です。主要民族のビルマ族はチベット系、シャン族がタイ系、カチン族やチン族がチベット系など出自もそれぞれですが、多民族性の割には文化の地域差が顕著でない。カウソエなどの麺料理、ヒン(油と調味料で具を煮る料理)各種、タミン(ごはん)、モーニンチン(漬物)、ヒンイエ(汁物)、アチョー(揚げ物スナック)、ガピイエ(発酵エビタレ)、ラペイエ(ミルクティー)など、ミャンマーでは割とどこで食べても料理は変わり映えがしない。これも国民の平等を是とする社会主義がもたらした影響でしょうか。

今、ミャンマーは「半鎖国」から「開放」へ、まさにその歩みの真っ只中にあります。どういうことかというと、1980年代は外国人は主要4都市とインレー湖しか訪問が許されませんでした。でも少しずつ外国人に開放される地域が増えて、インド側国境2か所の戦後初の完全開放は2018年の大ニュースです。でも今も外国人入域禁止地域はたくさんあり、ミャンマーには知られざる料理がきっとまだまだあるはずなんです。「ミャンマー料理の全容が知られていない」ことこそ、ミャンマー料理の大きな特徴なのだと私は思っています。もう一つ私感を交えると、発展がさえぎられていることは料理にふんだんに伝統を残しているということでもあり、料理を知りたくて食べ歩く者にとってはミャンマーはとても良い国です。

本稿では、開放に伴って未知の料理もいずれ知られてくることを楽しみにしながら、旅行者にとって食の楽しみとなるような典型的なミャンマー料理を、今後も食材ごとに紹介していく予定です。
▲目次に戻る

料理名一覧 Food & Drink Glossary

【ごはん類】
  • タミン・・・ごはん
【麺類】
  • カウソエ・・・麺類の総称
【おかず】
  • ヒン・・・油と調味料で具を煮る料理各種
  • ヒンイエ・・・汁物
  • モーニンチン・・・漬物
【軽食】
  • アチョー・・・揚げ物スナック
【飲み物】
  • ラペイエ・・・ミルクティー
【その他】
  • ガピイエ・・・発酵エビタレ

▲目次に戻る


Link

▲目次に戻る


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。