サウジアラビア料理

+++新着+++


【基礎情報】

国名:サウジアラビア王国Kingdom of Saudi Arabia、首都:リヤド、ISO3166-1国コード:SA/SAU、独立国(1932年設立)、公用語:アラビア語、通貨:リヤル

▲目次に戻る


【地図】

サウジアラビアはアラビア半島の大部分を占める国です。陸で接する国は、北から時計回りに、ヨルダン、イラク、クウェート、カタールアラブ首長国連邦、オマーン、イエメンがあります。海を挟んだ隣国には、イラン、バーレーン、エリトリア、スーダン、エジプト、イスラエルがあります。

▲目次に戻る


砂漠の遊牧民の食文化と、イエメンの山岳食文化が二大源流です。

サウジアラビアは国土の多くが砂漠で、オアシスに人が定住し交易で発展して都市になりました。砂漠とオアシスの生活はサウジアラビアの食文化の第一の基盤で、ラクダやヤギを遊牧して肉や乳を食べ、ナツメヤシの実をたっぷり保存食にします。サウジアラビア料理の第二の源流は南西部の山岳地帯、イエメン人の地域です。雨が降り、緑豊かで農耕もでき、食材の種類も調理法も豊富。サウジアラビアに来て「イエメン料理が結構あるな」と思ったら突き進めて理解してほしい。イエメンは今の国境線で分断され、サウジ南西部には今もイエメン人が多く住むのですから。

マンディ
サウジ料理は米におかずが乗る形式が多い。写真はイエメン起源のマンディ。(撮影地ウラー)

アラビア半島に住む人々は古くより遊牧生活を営み、広大な砂漠の土地に点々と氏族社会が生まれました。一族を守るために氏族は戦乱に明け暮れ、国は群雄割拠。強大なオスマン帝国が西部ヒジャズを領土としたときも、中部(現リヤド近郊)を拠点としていたサウド家は抵抗し、1918年のオスマン軍撤退の後、サウド家は1932年に全土を征服して統一国家「サウジアラビア」を建てました。

ところでマンディハニーズを始め、アラビア半島各地で美味しいものを食べるとそれはイエメン起源だと言われることが多々あります。オスマン帝国時代、南はサナア(現イエメンの首都)から北はメッカのすぐ南まで広がる「オスマン帝国イエメン州」すなわちイエメン人の地域があったのですが、サウジアラビアの国境線策定でイエメン人が分断され、その結果サウジアラビア南西部には今も多くのイエメン人が住まうのです。雨が降る緑豊かな地域で、人口密度の高さは人の住みやすさを表しています。建築技術や調理技術に長けるイエメン人は美味しい料理をたくさんもっていますから、サウジアラビアに来てイエメン料理が出されても、お隣の国の影響などと安易に考えないでほしい。イエメン人の料理もサウジアラビア料理の大きな柱なのです。

なお、サウジアラビアは「サウド家のアラビア」という意味です。氏族が違っても、昔は群雄割拠でも、文化が違っても、サウジアラビアでまとまった今、国に内戦はありません。人はアラブ人として、厳格なイスラム教のもと、そして莫大な石油収益で潤う国家基盤の上で人々はまとまっています。

今、地球の人口の4分の1がムスリム(イスラム教徒)です。イスラム教はサウジアラビアのメッカとメディナで生まれた宗教で、そのイスラムの二大聖地には世界中から大勢のムスリムが巡礼で訪問します。サウジアラビアには厳格なイスラム教の社会構造ならびに生活習慣が敷かれており、人々は1日5回のお祈りを欠かさず、男性はサラブ(長い丈の服)にクフィーヤ(頭にかぶる布)、女性はアバヤ(長い丈の服)にヒジャブ(長いスカーフ)、人によってはニカブ(目以外を覆う黒い布)をまとい、お酒及び豚肉とは無縁の食生活をしています。

このような背景のもと、サウジアラビア政府は、外国人が観光で訪れることを厳しく閉ざしてきました。旅行者が入れない最たる国だったのですが、2019年に観光ビザ発給開始。サウジアラビアは開放に踏み切りました。だから、今サウジに行き、そしてリヤドやジェッダを離れて地方に行けば行くほど、この国が守ってきた文化を多く目にすることができるでしょう。日本とはまるきり違う、エキゾチックな異国の食事の数々は魅力的です。

タマル(ナツメヤシの実)とガフワ(アラブ風コーヒー)のおもてなし、多様な肉料理と米料理と豆料理、今や労働者層の代表であるパキスタン人やベンガル人の料理にフィリピン人の料理、それから周辺アラブのイラク料理やシリア料理も根付いている。ここにあれば、それらがみな総じてサウジアラビア料理を形成しているのです。

以下本稿では、食材別にサウジアラビア料理の各論を記載していきます。知る人ぞ知る、あるいは知られざるサウジアラビアの料理を、それでは見ていきましょう。
▲目次に戻る


Link

▲目次に戻る


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。