私の国分類

世界には幾つの国があるの?
私のカウントでは、文化をもつ世界の国の数は、247としています。
(南極へ旅行したことがあるので渡航国には南極を数えますが、食文化について執筆するときの国の数は247です。)

まずは大きく以下のように分けております。それぞれクリックすれば、含まれる国と、私の分類根拠を見ていただけます。カウントにあたり重きを置いているのは以下の通りです。
1)「主権、領土、国民、外交」が揃うこと
2)国際的に認められた国コードを所有していること
3)その他現状

なお、真剣に考えるほどに分かります。国家の数え方は未だ統一されるべき概念がないことが。

私自身、何年も、国の数え方について、考えて調べて考えて考えております。一番大事なことは、「自分で調べて、自分の頭で考える」ことが大前提だと思います。だから、受け売りだったり、パパッとネット検索で見たものを流用するだけではよくないと思います。そしてそのために社会を知る努力を絶やさぬことが大事だと思っています。だから、

4)「誰かに聞かれたときに、納得してもらえる回答ができること」

これが、私の分類の基盤でもあります。

・アジア(52)
 ┣東アジア(8)
 ┣東南アジア(13)
 ┣南アジア(7)
 ┣西アジア(16)
 ┣中央アジア(5)
 ┗コーカサス(3)
・欧州(54)
 ┣東欧(12)
 ┣中欧(10)
 ┣バルト(3)
 ┣北欧(9)
 ┣西欧(10)
 ┗南欧(10)
・アフリカ(60)
 ┣北アフリカ(9)
 ┣西アフリカ(16)
 ┣中央部アフリカ(9)
 ┣南部アフリカ(10)
 ┣東アフリカ(6)
 ┣東北アフリカ(4)
 ┗インド洋アフリカ(6)
・米州(56)
 ┣北米(6)
 ┣中米(8)
 ┣カリブ(28)
 ┗南米(14)
・オセアニア(25)
 ┣ポリネシア(11)
 ┣メラネシア(5)
 ┣ミクロネシア(7)
 ┗豪州(2)

<国分類基準>
南極は住民がいない。基地にいる研究者は南極の国民ではなく、決して南極人とは呼べない。よって南極は世界の料理区分としては1ヶ国に数えない方針ですが、私自身は1999年に渡航しており、旅の渡航国数には数えています。

国分類トップへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。