【スパイスがたくさん使える発見レシピ*連載第7回】南アフリカ共和国、多民族の虹の味『ボボティー』

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイスアンバサダー2020】

スパイスアンバサダーレシピ
使用スパイス:ターメリック、ガラムマサラ、ブラックペパー、ローリエ
ターメリックガラムマサラこしょうローリエ

2020年度スパイスアンバサダーの活動報告
6~8月の活動内容として、小さじ一杯でスパイス使い切り大作戦!、風味豊かにおいしさ広がる一皿を楽しもうという趣旨に基づき、7回連載形式で、3種類のスパイスに対しそれぞれ2通りのスパイスアレンジレシピをお届けします。

連載第7回は、アフリカ大陸南端で混交する多民族が形成した『ボボティー』です。

ボボティー

ボボティー

なお、今回のスパイス使用条件には、クミンパウダー、ターメリック、ガラムマサラのいずれかを、4人分を越えない料理に小さじ1を下回らない分量で使うことが含まれます。私はこの定量性ある設定に対し3スパイスのオッズを決め、

スパイス消費スコア

を算出し、【スパイスがたくさん使える!発見レシピ】として6レシピを選出しました。

【スパイスがたくさん使える!発見レシピ*連載第1回】スパイスにオッズをつける

* * *

『ボボティー』は4人分でガラムマサラ小さじ4を使います。

ガラムマサラ消費スコア=4人分小さじ使用量×ガラムマサラのオッズ×補正係数。
よってボボティーの
ガラムマサラ消費スコア=100

とうとうスパイス消費スコアが100になりました!!

歴史の話。
大航海時代にポルトガルがアフリカ南端の喜望峰を発見しました。インド東方(インドネシア)における香辛料貿易を目的としたオランダは、本国-アジア間の船の補給地としてケープタウンを作り、オランダ人入植者らとその子孫(ボーア人またはアフリカーナー)は地元黒人を使用して農場を運営します。労働者にはマレーシア/インドネシア方面の人々も連れて来られます。当時はまだスエズ運河がなく、欧州-アジアを運行する船はすべてケープを経由しましたから、ケープタウンは国際都市として栄えました。そして英国支配の時代には英領インド帝国のつながりでインド人も多数入植しました。本来の先住民コイサンやバントゥー(いわゆる黒人)、アフリカーナー、ケープマレー、インド系住民、ユダヤ人と、大陸を越えた多民族国家で、マンデラ政権は人種間差別を禁じる憲法を制定し、肌の色が違っても調和して共存する「虹の国」が南アフリカのスローガンとなりました。

虹の国の国民食となったボボティーの形成には多数の民族が関わっており、そういう「虹の味」がします。

ボボティー

レシピは簡単です。

heart『南アのカレー&卵グラタン♪ ボボティー♪』
材料(4人分):

パン粉
120 mL
牛乳
120 mL
プルーン
4粒
ローリエ
数枚
玉ねぎ
小1個
にんにく
1かけ
サラダ油
小2
牛ひき肉
280 g
ターメリック
小1/3
砂糖
小1/3
レモン果汁
大1強
ガラムマサラ
小4
小1/2
ブラックペパーパウダー
少々
2個

作業工程:1 時間 20 分

  1. パン粉に牛乳をかけて吸わせておく。
  2. プルーンを細かくみじん切りにしておく。
  3. ローリエを水(分量外)に浸しておく。
  4. 玉ねぎとにんにくを細かいみじん切りにしてフライパンに入れ、サラダ油を入れて中火で熱し、透明になってにんにくの香りが出るまで炒める。
  5. 牛ひき肉、ターメリックパウダー、砂糖を入れて、ひき肉が1粒1粒離れてぽろぽろになるように炒める。
  6. ひき肉のフライパンをコンロからおろす。
  7. オーブンを170℃で予熱開始。
  8. パン粉をざるですくってきつく絞って、パン粉と牛乳を分離し、牛乳は小さなボウルに取っておき、パン粉部分をフライパンに入れる。
  9. ひき肉のフライパンに、レモン果汁、プルーン、ガラムマサラ、塩、ブラックペパーパウダーを入れ、ヘラで均一に混ぜる。
  10. 味見をし、「スウィート(甘味)でサワー(酸味)なフレーバー(香り)」の三要素のバランスが取れるよう、それぞれを好みに調える。またひき肉がゆるい場合は小麦粉(分量外)を加えて混ぜる。
  11. ひき肉炒めのフライパンを傾けて炒め油をキッチンペーパーに吸わせ、オーブン耐熱容器の側面に塗り付け、ひき肉炒めを入れ、表面を平らにならす。
  12. オーブン170℃で20分焼き、表面に少し焼き色をつける。
  13. その間に、パン粉を絞ったときの牛乳が入っている容器に卵を割り入れ、1分間しっかり撹拌して均一な卵液にする(泡立てないで)。
  14. ローリエを水から引きあげておく。
  15. ひき肉の上に卵液を注ぎ、ローリエを飾るように乗せて、オーブン170℃で30分あるいは表面のカスタード(卵液)がほんのり色づくまで焼く。
  16. 焼けたら10分間室温に置いて、落ち着いたら食卓に出す。
  17. Enjoy!
(←click!)
このレシピやブログ記事を気に入っていただけたら応援クリックお願いします(*^_^*)

ボボティー

今回私が提供するスパイススコアの最高峰です。スパイスカレーのバターチキンマサラのスパイス使用スコアが10なのに、ボボティーときたらスパイス消費スコアが100ですよ、ホントすごいです♪ しかも作ってみて、食べて納得。「スウィート(甘味)でサワー(酸味)なフレーバー(香り)」がめちゃくちゃ美味しいです。

* * *

世界はそのスパイスの使い方を持っています

スパイスアンバサダーの6~8月の活動報告>として、小さじ一杯でスパイス使い切り大作戦!、風味豊かにおいしさ広がる一皿を楽しもうという趣旨の記事を7回連載形式でお届けしてしました。多くの人にとって美味しいという保証つきの料理をレシピつきで紹介することで、「作る楽しみ」が芽生える一助になれば無上の喜びです。読んでいただき本当にありがとうございました。私自身も大変に勉強になりました。

そして、
世界には、まだまだ、私すら知らないスパイス使用のコツが溢れてる。

ふふふ、だから世界の料理はやめられませんね。これからも、夢に向かって走り、取り組み続け、家族との楽しい食事の時間にも会話にも世界中の良さを集めて、妥協のない努力を続けて参りたいと思います。

本企画を主催されたレシピブログとハウス食品(株)に、心より感謝申し上げます。

オッズ



スパイス使い切り料理レシピ

※本記事は(1)「ハウス食品×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画に参加していること、(2)スパイスをモニター提供されたことに基づき執筆するものです。



* * *

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。