【マンネリをスパイスで解消*連載第7回】オリエントに広まる感動の肉々ピザ『ラハムバジン』

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイスアンバサダー2020】

スパイスアンバサダーレシピ
使用スパイス:ブラックペパー、クローブ、オールスパイス、カイエンペパー、イタリアンパセリ、チャイブ、チャービル、パクチー
こしょうクローブオールスパイスカイエンペパーイタリアン<img itemprop=チャイブチャービルパクチー

スパイスアンバサダーの活動報告
4月・5月のテーマは、マンネリ化しがちな料理をスパイスでひと工夫するという趣旨です。4月~5月の間に、10回連載形式で、10通りのスパイスアレンジレシピをお届けしています☆

* * *

第7回は、オリエントに広まる感動の肉々ピザ、『ラハムバジン』です。

ラハムバジン

タイトルにも掲げた感動の肉々ピザ語源はアラビア語のラハムバジン、それからトルコではラフマジュンと呼ばれ、アルメニアではラマジョ、イラクにもイスラエルにも、ということはもちろんパレスチナにもあって、あの地域では少しずつ名前を変えて同じ料理が根付いています。

語源は、ラハム(لحم)=肉、ビ(ب)=英語のwith、アジン(عجين)=生地、すなわち『ラハムバジン』(لحم بعجين)は、『肉と生地』という意味で、これを日本人に分かりやすい表現に変えたときに「肉ピザ」になります。

もう一つ解説が必要です。
オリエンタルという言葉は、異国風のキャッチで見かけるものの、私たちはなかなか意味をスルーしがちな単語です。オリエントは東方という意味の言葉で、狭義には中東地域を指します(※)。古代文明の時代より栄えたメソポタミアや、今のトルコのアナトリア、それから大アルメニア。。。

※オリエントはローマ帝国から見て東の文化的地域を指し、広義には中国や日本方面も含め、ひいてはアジア全体を指すこともある。

『ラハムバジン』は、そういう地域に分布しています。

* * *

ところで。
オーブンで作るピザは人気ある家庭料理ですね。いざピザを作るとなると、ピザソースやピザ用チーズを用意して、それからパルメザンチーズや、バジルなどのハーブを用意するでしょうか。チーズが高い日本で作るとちょっと値が張るのですが、家で焼くピザは美味しいから満足するのだけど。

そこで!!
家で焼くピザのレパートリーに諸手を挙げて提案したいのが、オリエントの肉々スパイシーピザ『ラハムバジン』です。ラハムバジンはチーズを使わないので、ひき肉が安いときに作ればお肉が肉々して満足度が高いのにコスパもいい、嬉しい料理になるのです。

レシピは簡単です。

heart『肉々スパイシーピザ♪ ラハムバジン♪』
材料(2人分):
<生地>

小麦粉(※1)
140g
70mL
砂糖
大1/2
小1/2
オリーブオイル
大1/2

※1:強力粉、中力粉、そのブレンドなど、好みで粉を選んでよいです。

<乗せるもの>

玉ねぎ
1個
サラダ油
大1.5
ピーマン
1個
緑のハーブ(※2)
刻んで大2
牛ひき肉
180g
小2/3
ブラックペパー
小1/4
カイエンペパー
小1/8~小1/4
クローブパウダー
小1/4
オールスパイスパウダー
小1/4
砂糖
小1/2
レモン果汁
大1/2
トマト
小1/2個
レタス
千切りでお茶碗1杯

※2:緑のハーブは、イタリアンパセリ、ディル、ニラ、小ねぎなどがよいです。なければ乾燥品で代用できます。

作業工程:50 分(生地をホームベーカリーでこね、その時間を含まず、1枚ずつ2度焼いた場合)

  1. 生地をホームベーカリーのピザ生地コースなどを使ってこね、発酵させる。
  2. 玉ねぎをみじん切りにしてフライパンに入れ、サラダ油を入れて中火で炒める。
  3. 玉ねぎに火が通ったらボウルに入れる。
  4. ピーマンと緑のハーブをみじん切りにしてボウルに入れる。
  5. 牛ひき肉、塩、ブラックペパー、カイエンペパーパウダー、クローブパウダー、オールスパイスパウダー、砂糖、レモン果汁を加え、均一になるようによく混ぜる。
  6. トマトを切り、中の液体部分を除き、皮と硬い部分をみじん切りにしてボウルに加え、もう一度よく混ぜる。
  7. 生地に打ち粉(分量外)をし、2等分し、円形(楕円形でもよい)になるように薄く薄く延ばす。
  8. オーブンを250℃で予熱開始。
  9. 生地をクッキングシートに乗せ、具を等分に乗せる。スプーンの背を使って生地のフチまで薄く延ばす。
  10. オーブンに入れ、13分、あるいは肉に火が通ってジュウジュウと音がするくらい焼けるまで加熱する。
  11. その間にレタスを千切りにし、焼けたらトッピングする。
  12. Enjoy!
(←click!)
このレシピやブログ記事を気に入っていただけたら応援クリックお願いします(*^_^*)

ラハムバジン

できたラハムバジン♪

お、うまそう。

いい匂いだね~肉ピザの実力

これ俺トルコでめちゃめちゃよく食べた

トルコだとラフマジュンだね

美味しいー♡

他にどこで食べたっけ

イラク、クルド、アルメニア、元はアラブ料理

エルサレムにもあるユダヤの料理、てことはパレスチナもだし

あの辺一帯て感じだね。旨いものは広まるからな!


ほんと美味。

ラハムバジン

これね、不思議と味付けが塩こしょう程度じゃダメなんです。あの地域でよく使うスパイスを少しずつ加えて、その結果として、塩もあまり入れていないのに、他に何の味付けも要らない美味しい肉ピザになりました。

* * *

私は世界の料理という土俵で活動していて、いつも心には、上に出てきた言葉があります。

「美味しいものは広まる」
ほんと、そうだよね。

オリエントに広まるスパイシー肉々ピザ、その実力たる味を、どうぞご家庭でも体験してみてください。


※本記事は(1)「ハウス食品×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画に参加していること、(2)スパイスをモニタープレゼントされたことに基づき執筆するものです。



* * *

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。