【マンネリをスパイスで解消*連載第3回】イラクは残ったパンの美味しい食べ方を持っている『タシュリーブ』

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイスアンバサダー2020】

スパイスアンバサダーレシピ
使用スパイス:ローリエ、カルダモン、シナモン、ターメリック、ガラムマサラ、クローブ、オールスパイス、ブラックペパー
ベイリーフカルダモンシナモンスティックターメリックガラムマサラクローブオールスパイスこしょう

スパイスアンバサダーの活動報告
4月・5月のテーマは、マンネリ化しがちな料理をスパイスでひと工夫するという趣旨です。4月~5月の間に、10回連載形式で、10通りのスパイスアレンジレシピをお届けしています☆

* * *

第3回は、中東のイラクの残ったパンの美味しい食べ方、『タシュリーブ』です。

タシュリーブ

残ったパン、昨日のパン、どうやって食べる?

トーストしてジャムを塗るとか? 軽く焼いてスープと一緒に食べるとか? あるいは・・・。

・・・結構行き詰まる。

・・・行き詰まる理由は、日本の食卓が基本パン食ではないから、だと思います。

だって、残ったごはんならば私たち結構楽勝じゃないですか。焼き飯にしたり、お粥やおじやにしたり、お茶漬けのアイディアもたくさんあります。

つまり、「その国は、その国の料理の主要な食材であるほど、余り物を無駄なく消費する知恵を持っている」のです。稲作文化の日本にはごはんを無駄にしない知恵があり、小麦文化のメソポタミアにはパンを無駄にしない知恵がある、と。

今回紹介するタシュリーブは、私自身がイラクに行って感激した味です。強いていえば日本のお茶漬けに相当するもので、冷えた主食に温かい汁物をかけることで残りものが美味しくなります。熱が加わればβデンプン(消化の良くないデンプン)がαデンプン(消化の良いデンプン)に変わり、冷えた食材が温かくなるため美味しく感じられ、更にかけた汁の旨味が加わります。パン食圏にもお茶漬けに相当する文化があるのです。

* * *

小麦の発祥はメソポタミアとは既に定説になっているのでしょうか。ナツメの花が薫る、古代から続く大河の文明。その高度の文明の跡に立つ国が現在のイラクです。イラクといえば旅行者が入っちゃいけない国の筆頭のような位置にありますけれど、広い国土はアラブ人地域とクルド人地域に二分化されており、クルド政府が独自に入国許可を出し始めた時期、私は、その情勢下における旅人の入国記録が見つからなかったけれど、最新の情勢を見て「今ならイラクに入れる」と判断して渡航しました。

民族が違うということは根本的に言語が違うわけで、アラブ語とクルド語のような文化の違いも旅の重要な観察事項なのだけど、でも、クルドの地域にもアラブ料理が広まっていたことは、現地体験ならではの発見だった。同じ国の中では民族問題を越えて同じものも食べているのだということを理解しました。

ということで、イラクで食べたタシュリーブ!!! イラク訪問2度目の夫に「お!これこれ!イラク料理って、パンの上に何かがかかってふにゃふにゃになるよな!」と言ってもらって、イラクのアラブ地域と同じ料理であることを確信したものです。お店の人も「イラクといえばタシュリーブだぞ~」なんて言ってくれるものだから、ほかのメニューを見るまでもなくタシュリーブに飛びつきました。

タシュリーブ

自宅でも作っています。レシピは簡単です。

heart『イラク流、古いパンが美味しくリメイク♪ タシュリーブ♪』
材料(4人分):

玉ねぎ
大1個
にんにく
1かけ
鶏肉(※1)
700g
サラダ油
1/2C(※2)
トマト缶(※3)
1つ
700mL
ローリエ
1枚
カルダモン
5さや
シナモンスティック
500円玉面積
ターメリック
大2
小1
バハラート(※4)
大1
プチトマト
好みで10個
ドライレモン(※5)
大1程度の量
パン(※6)
好きな量

※1:鶏肉は鍋用の骨ぶつ切りタイプがよい。値段は高くなるが牛肉や羊肉の塊やテール肉でもよい。
※2:1/2Cくらいを適当に注ぎ入れる感じでよいです。
※3:トマト缶は400mLサイズを使用。トマトピューレを使用してもよい。
※4:バハラートは中東のスパイスミックスです。入手が難しいのですがガラムマサラで代用してもよいです。クローブパウダーやオールスパイスパウダーやブラックペパーパウダーなど香りの強い単独スパイスをミックスしてもよいです。
※5:イラクではヌーミバスラと呼ばれるドライレモン(ドライライム)です。入手が難しいのですが、流行った「塩レモン」のレモン部分やスライスレモンなどで代用できます。
※6:イラクでも前日焼いたパンの残りなどを美味しく食べるための料理です。ホブズやナンのような薄パンがあればそれがよいですが、食パンやフランスパンの残りを使っても美味しいです。

作業工程:2 日

  1. 玉ねぎの半分をみじん切りにし、残り半分をカレーの具のように大きめに切る。
  2. にんにくをみじん切りにする。
  3. 鍋にサラダ油を入れて中火で熱し、玉ねぎのみじん切りとにんにくのみじん切りを入れて、きつね色になるまで炒める。
  4. 鶏肉をぶつ切りにして鍋に入れて、大きく切った玉ねぎも入れて、焼きつける。
  5. トマト缶を汁ごと入れて、トマトと油をなじませるように数分間煮る。
  6. 水、ローリエ、はさみで切れ込みを入れたカルダモンさやごと、シナモンスティック、ターメリックパウダーを入れ、フタをして沸騰させ、沸騰したら火を弱めて小さな沸騰状態を保つ程度にし、フタをして1時間ほど煮る。
  7. 火からおろしてフタをしたまま放冷する。
  8. 2日間の間に、1時間ほどじっくり煮てから放冷する過程を、3回くらい繰り返す。その過程のどこか途中で塩とバハラートとプチトマトを加えておき、味見もして塩加減などを調えておく。
  9. 最後の加熱のとき、乾燥レモン(あるいは塩レモン、スライスレモンなど)を加えてひと煮立ちさせる。
  10. シチュー皿にパンをちぎって乗せ、上から煮込みをかけ、1分ほど待って汁をパンに吸わせたら出来上がり。
  11. Enjoy!
(←click!)
このレシピやブログ記事を気に入っていただけたら応援クリックお願いします(*^_^*)

* * *

食べ方は。1)お皿用意、

タシュリーブ

2)残っているパンをちぎって乗せ、

タシュリーブ

3)メソポタミアのシチューを乗せて1分ほど待って吸わせる♪

タシュリーブ

このタシュリーブはメソポタミアの味、イラクの国民食。

ナツメの花が薫る、そして小麦という世界を支える穀物を生んだ、偉大なるチグリス河&ユーフラテス河の文明文化に想いを馳せて。それから家に残ったパンを美味しく食べる方法として、パン食文化圏の知恵が我が家で役立つってとても素敵なことだと思います。

だから今日、ここに本記事を紹介できて、私はとても嬉しいです。

カルダモンやターメリックなどを使った異国の味を、興味を持たれましたら是非楽しんでください。


※本記事は(1)「ハウス食品×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画に参加していること、(2)スパイスをモニタープレゼントされたことに基づき執筆するものです。



* * *

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。