【マンネリをスパイスで解消*連載第4回】アラブの焼きなすが世界的真価を発揮する『ムタバル』

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイスアンバサダー2020】

スパイスアンバサダーレシピ
使用スパイス:クミン
クミン

スパイスアンバサダーの活動報告
4月・5月のテーマは、マンネリ化しがちな料理をスパイスでひと工夫するという趣旨です。4月~5月の間に、10回連載形式で、10通りのスパイスアレンジレシピをお届けしています☆

* * *

第4回は、アラブの焼きなすが世界的真価を発揮する、『ムタバル』です。

ムタバル

焼きなすって美味しいですよね。日本で食べるときの味付けは、おかかと醤油ですか? それともポン酢ですか? いずれにしても、醤油を使った和の味でいつも食べているように思います。

もしよかったら、日本の焼きなす以上に多くの人口に食べられている、焼きなすの世界的美食を一度試してみませんか♪

* * *

ムタバルは、中東アラブでは定番の料理のひとつです。私の記憶ではシリアやレバノンでよく見る記憶があります。肥沃な三日月地帯、肥沃な農耕地域を映し出すかのような、現地の大定番の料理です。バーレーンやクウェートなど湾岸ガルフ諸国にも広まっています。

現地では小麦が主食であり、ホブズと総称される薄焼きパンを日常的に食べています。ホブズをちぎって、ムタバルをすくって口に運ぶ・・・。ああ美味しい。

ポイントは焼きなすの、水分が抜けて甘味がぎゅっと詰まったなすの身をベースに、にんにくと練りごま(現地ではタヒーナと言う)の旨味、レモン果汁の酸味、クミンパウダーの心地よい香り。仕上げのオリーブオイルの口当たりの良さ、といった点にあります。超絶美味なのに塩分がゼロだなんて、中東料理は実に素晴らしいと心から思います。

* * *

レシピは簡単です。

heart『中東の旨い焼きなすディップ♪ ムタバル♪』
材料(4人分):

なす
中5本
練りごま
大2
にんにく
1かけ
レモン果汁
大1
クミンパウダー
小1/8
オリーブオイル
大1~2

作業工程:1 時間

  1. なすの皮が焦げるように丸ごと焼く。直火やバーベキューのような炭火が良いが、なければ魚焼きグリルやオーブンなどで焼く。
  2. 随時手をぬらしながらポロポロ落ちやすい焦げ部分を取り、粗熱が取れるまでフタのできる鍋の中に入れるなどして置いておく。
  3. この間ににんにくをすりおろしておく。
  4. スプーンで皮の内側の中身をそぎ取る。
  5. 焼きナスの身、すりおろしたにんにく、レモン果汁、クミンパウダーを合わせてハンドブレンダーやミキサーにかけ、なめらかなピューレにする。
  6. 味見をして酸味や練りごま加減を好みに調える。
  7. 皿に盛り、中央にヘラを当てながら皿を回転させて中央をくぼませ、オリーブオイルを入れる。
  8. Enjoy!
(←click!)
このレシピやブログ記事を気に入っていただけたら応援クリックお願いします(*^_^*)

中東4億人に愛される超スーパー国民食、『ムタバル』

ムタバル

写真は現地でも時々見かける盛り付けアレンジ例で、オリーブオイルが入っているくぼみに黒オリーブの実を乗せています。

スーパーで一年中手に入るなすです。特に夏の旬のなすがたっぷり手に入れば最高です。是非作ってみてください。


※本記事は(1)「ハウス食品×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画に参加していること、(2)スパイスをモニタープレゼントされたことに基づき執筆するものです。



* * *

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。