ロシアの中のモンゴルではシュウマイや羊肉麺がおかずで主食がパンでした。

ブリヤート

旅してロシアに来ました。上の写真は、ブリヤート共和国でごはんを食べるご家族です。

「ブリヤート共和国」はモンゴル人の国。
ロシアは連邦共和国です。つまり、州や共和国が連合(連邦)して形成される国です。その構成共和国の1つにブリヤート共和国があります。ブリヤート共和国には、主にモンゴル人が住んでいます。

ロシアなのにモンゴル人。」
そういう地域があるんです。興味深いです。

モンゴルという国の場所。
モンゴルという国は、下の図のように位置しています。
北をロシア、南を中国と接しています。

モンゴル

モンゴルと「モンゴル人」の区域は違う。
下の図に、モンゴル人の分布をピンク色で示しました。モンゴル人が住む地域はモンゴルの国以上に広いのです。国境線のほうがあとからできたので、モンゴル人が住む地域の中に国境線が敷かれたのですね。

モンゴル人

イメージとしては、日本人が住む日本国から、北海道が取られて九州四国が取られて・・・という感じ? 今のモンゴルは、日本国から本州だけが残ったようなイメージです(我が国で例えると妙に実感が沸いてきますね)。

モンゴル人が住むのにモンゴルにならなかった地域には、ロシアのブリヤート共和国や中国の内蒙古自治州があります。

ウランウデで、典型モンゴル料理
下の写真は、ウランウデ(ブリヤート共和国の中心都市)で撮影しました。

ブリヤート

まず、ここで、典型的なモンゴル料理に出会え、味わえたことは、とても嬉しかった。卓上には、モンゴル料理でも知られる「大きなシュウマイ、羊肉麺、塩味のミルクティー」があります。

モンゴルでは、Бууз(ボーズ)、Гурилтай шөл(ゴリルテイシュル)、Цай(ツァイ)。
内蒙古では、稍麦(ソウマエ)または包子(パオズ)、羊肉面(ヤンローミェン)、奶茶(ナイチャー)。
といったところかな。

ここブリヤートでの料理名は、Буузы(ブーズ)、Шулэн(シュレン)、Чай монгорьский(チャイモンゴルスキー)でした。

ここはロシア。麺や小麦粉の皮生地を食べても、パンを食べる!

ロシアの主食はフリェプ(хлеб、パン)です。
驚いた!!シュウマイを食べても、羊肉麺を食べても、パンが食卓に並ぶ!!ロシアだ!!

ブリヤート

パンがテーブルに乗る食習慣なのでしょう。みなさんそうしています。
もしここが中国やモンゴルだったら? パンはなかなか一緒には食べないですよねー。

ロシアモンゴル」というブリヤートの食習慣を見て、モンゴルや内蒙古との差異を確認できたことに感激しましたので、ここにエッセイとして記しておきます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。