【苦手食材×スパイス×世界のお弁当・連載第5回】タンザニア料理~ピラウ弁当~

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイスアンバサダー2020】

スパイスアンバサダーレシピ
使用スパイス:シナモンパウダー、シナモンスティック、クミン、クミン、こしょう(粉)、こしょう(粒)、カルダモン、クローブ
シナモンシナモンスティッククミンクミンシードこしょうカルダモンこしょうクローブ

2020年度スパイスアンバサダーの活動報告
2月の活動内容として、「スパイスで好き嫌い解消チャレンジ!苦手な食材をおいしく克服しよう<お弁当編>」という趣旨に基づいた情報発信をする運びとなりました。そこで、本タイトルの通り【苦手食材×スパイス×世界のお弁当】として、5回連載形式でスパイスアレンジレシピをお届けします。

* * *

世界を旅すると、お弁当テイクアウトに出会う!出会う!

お弁当お弁当

お弁当お弁当

そう、
世界はお弁当やテイクアウトにあふれてる。

【好き嫌い解消のエピソード、レシピへ込める想い】
「好き嫌いがあるよりはないほうがよい」のなら、嫌いな食材を好きにさせることはよいことだ、という論法に落ち着きますよね。そのためには多様な料理を与えるスキルがあると成果を得やすいでしょう。料理Aで食べる意欲が増す子も、料理Bで食欲が増す子も、料理Cでやっと動く子もいるでしょう。「たくさんの種」は、世界247か国の食文化を盛り込んだ「世界の料理」なら、何億人という規模の人々に支持される新しい美味しさがありますその国の料理を知ることは社会学習でもありますから、私は、ちょっと食育な視点から、本企画の目指す「好き嫌い解消チャレンジ」を応援したいと思います。

この5回の連載では、苦手食材を朝食に美味しく食べられるアイディアとして、『豆、魚、にんじん、パクチー』、そして最終回の今回は、なんと、意外な路線狙いで、ホールスパイスを選びました。

今回のお弁当の条件としては、1)当日手間なしor前日準備、2)冷めても美味しい、3)世界でお弁当として実績があるもの、4)苦手食材もうまく美味しく、5)スパイスも使えてごきげん、6)汁気が出ないもの。という6項目を満たすものとしました。なお食べるシーンを限定しないので現地レシピを活かしたものとしました。集団場所でのお弁当ならにんにくを省くとか、酒を飲むピクニック弁当なら塩気を濃くするなど、調整は自在です。

* * *

連載最終回は、「ホールスパイス×タンザニア料理」~ピラウ弁当~です。

ピラウ

じゃじゃん!!スワヒリの美しい食文化登場!!

まず「スワヒリ」とは何か、簡単に理解しましょう。アフリカ大陸東北部~東部(ジブチ・ソマリアあたりからモザンビーク北部あたりまで)は、アラブ人によるアジア-アフリカ交易網の重要な場所でした。そして、もともとあったアフリカ文化に相当のアラブ文化が入り込み、特に今のケニアやタンザニアを中心に、それらが融合したスワヒリと呼ばれる文化が形成されました。いわゆる「スワヒリ圏」といえば、ケニアやタンザニアを筆頭に、ウガンダ、南スーダン、ルワンダ、ブルンジ、そしてより内陸にあるコンゴ民主の東部あたりまでを指し、(各国の公用語とは別に)スワヒリ語が通じやすく、またスワヒリ圏で共通する料理を見かけたりするものです。特にオマーンの支配と影響が強く及んだインド洋沿岸部(ケニアとタンザニア)は香辛料が多用される傾向にあります。

「ピラウ」はスパイスをたっぷりと炊き込んだ旨いごはんです。この写真では、セット例として、ワンプレートで見せています。

heart『野生の王国のスパイス炊き込みご飯♪ ピラウ♪』
材料(4~6人分):

米(※1)
3合
牛肉
400 g
5合
生姜
およそ2 cm立方
小2
こしょう
小1/2
カルダモン
5さや
玉ねぎ
1個
にんにく
1かけ
サラダ油
60 mL
クミンシード
大1.5
シナモンスティック
1本
黒こしょう粒
15粒
クローブ
15粒
クミンパウダー
小1/2
シナモンパウダー
小1/4

※1:米は日本の米でよいです。

作業工程:2 時間

  1. 米を研いで水に浸け、米が白くなるまで吸水させておく。
  2. 肉を3 cm立方くらいのサイズに切る。
  3. 小鍋に水を入れ、肉、生姜、塩、こしょう、カルダモンを入れて強めの火にかけ、ぐつぐつと20分ほど肉をゆでる(アクは取らない)。
  4. 玉ねぎを縦8つ切りにし、さらに繊維を切る方向に薄切りにする。
  5. にんにくをみじん切りにする。
  6. 米が炊ける厚手の鍋またはフライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、玉ねぎとにんにくを入れ、中火でおよそ20分間、ときどき返しながら、徐々に茶色くしながら炒める。
  7. ゆで肉を取り出して玉ねぎの鍋に入れ、表面を焼き付ける。
  8. 肉と玉ねぎをよけて鍋底をあけ、クミンシード、シナモンスティック、黒こしょう粒、クローブを鍋底に入れて焼き付け、全体を混ぜながら炒めて香りを出す。
  9. 米をザルにあげる。
  10. 肉のゆで汁からアク、生姜、カルダモンを取り除き、玉ねぎの鍋におよそ3合分のゆで汁を入れる。
  11. クミンパウダー、シナモンパウダーを加えて全体を混ぜる。
  12. 米をしゃもじ1杯分ずつ鍋肌から2 cm離して同心円状にスープの上に乗せていく。最後は中央に米を乗せ、平らにならす。このとき米より水面が明らかに低いなら残りのゆで汁(それでも足りないなら水も)を足し、水面が米の表面ギリギリに達するようにする。
  13. フタをして弱火にして20分炊く。
  14. フタをあけ、シナモンスティックを取り除き、上下を返して、米の炊け具合を確認し、追加加熱が必要そうならフタをしてごく弱火で20分加熱する。追加加熱が必要なさそうならフタをして20分置いておく。
  15. 米が炊けたことを味見して確かめてから、ごはんをふんわりと混ぜて、出来上がり。
  16. Enjoy!
(←click!)
このレシピやブログ記事を気に入っていただけたら応援クリックお願いします(*^_^*)

ピラウ

美味しーい!!
ケニア味!タンザニア味!スワヒリ天才!!

そしてまさに「料理の向こうに地球が見える」
「ワンダフリースパイシー!!」…海のスワヒリ圏2か国のごはんには、感動を覚えます。香辛料がたっぷり入っていて、美味しくてもりもり食べられるごはんです。お肉を鍋底に入れて炊くことが多くて、お肉のダシが出ていて味も良いのです。ううん♪ニャマ(肉)が柔らか♪♪ お肉の味が抜けた感がまたケニア&タンザニア味(笑) ホールスパイスを噛むと気持ちいい旨味と香りが口を支配し、まるでスパイスがおかずになっています。このレシピでは、現地の調理方法が日本の一般家庭でできるだけ再現できるようなレシピとしました。スワヒリ文化の美しさ、それはすなわちアフリカとアラブが混交した食文化の美味を是非お楽しみください。

* * *

スパイスアンバサダーの2月の活動報告>として、「スパイスで好き嫌い解消チャレンジ!苦手な食材をおいしく克服しよう<お弁当編>」という趣旨に基づいた情報発信をして参りました。そして、本タイトルの通り【苦手食材×スパイス×世界のお弁当】として、5回連載形式でスパイスアレンジレシピをお届けしてきました。多くの人にとって美味しいという保証つきの料理をレシピつきで紹介することで、「作る楽しみ」が芽生える一助になれば無上の喜びです。読んでいただき本当にありがとうございました。私自身も大変に勉強になりました。

そして、
世界には、まだまだ、私すら知らないスパイス使用のコツが溢れてる。

だからこれからも、夢に向かって走り、取り組み続け、家族との楽しい食事の時間にも会話にも世界中の良さを集めて、妥協のない努力を続けて参りたいと思います。

本企画を主催されたレシピブログとハウス食品(株)に、心より感謝申し上げます。


スパイスで好き嫌い解消料理レシピ

※本記事は(1)「ハウス食品×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画に参加していること、(2)スパイスをモニター提供されたことに基づき執筆するものです。



* * *

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。