白こしょうを使った手作りポタージュと市販品の塩分比較例

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイス大使2019】

スパイス大使記事
紹介スパイス:白こしょう
白こしょう

フランス料理には、ポタージュクレシーという美味しいにんじんポタージュがあります。私の菜園では美味しいにんじんが採れるのが自慢で、たっぷり採れたら、私も夫も好物のポタージュクレシーを作ります。

写真から美味しさが伝わるといいな。ポタージュクレシーは、にんじんの美味しさ、甘さ、クリームの美味しさが優しく交わってできる、にんじんのクリーミーポタージュです。

ポタージュクレシー

* * *

料理の世界には、「塩こしょう」や「Salt & Pepper」という言葉があって、それは、塩とこしょうは料理の味付けのセットであり、よく1つの料理に同時に使われることを意味していると思われます。確かに、塩単独では塩気がきつい印象をもち、こしょうを併せたほうが塩気が抑えられる印象があります。

でもまあ、印象だけで物事を書いても話がそこで終わってしまうので。

だけど、家庭で減塩実験を行って、仮にそれが成功して、「こしょうを入れたほうが減塩で美味しい♪」という対立仮説が検証できたとしても、比較した結果美味しくないほうのポタージュは、無駄に作成されてしまってもったいないと思いました。

そこで今回の検証方法としては、塩とこしょう(今回は白こしょう使用)を使ったポタージュクレシーのレシピと、流通量の多いと思われる市販のポタージュとで、それぞれの塩分濃度を算出し、比較の一例を示してみることにします。

* * *

何のフィルターもなく、「市販のポタージュ」で思いついたもの。

ポタージュ

製造販売元がレシピを公開しています(≫こちら)。

▼塩分濃度を計算

【市販ポタージュの塩分濃度w/v%】

  1. インスタントパウダー17g中に塩分1.2gが含まれ、そこに湯150mLを足す。
  2. パウダーの比重を0.5程度と仮定すると溶解後総体積は159mL程度。
  3. 1.2g/159mL≒0.76w/v%

* * *

ポタージュクレシーのレシピは以下の通りです。

※本記事は(1)「ハウス食品×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画に参加していること、(2)スパイスをモニタープレゼントされたことに基づき執筆するものです。

heart『♪ ポタージュクレシー♪』
材料(4人分):

玉ねぎ
中1個
にんじん
中3本
バター
大1.5
チキンストック(※1)
700mL
トマトピューレ(※2)
大1
ごはん(※3)
大2
小2/3
ホワイトペパー
小1/5
生クリーム(※4)
100mL
パセリ
少々

※1:チキンストックは、今回は鶏のゆで汁を使用しています。簡単に用意するために、水700mLに鶏がらスープの素小さじ1を加えたものを使ってもよいです。その他チキンコンソメなどで作ってもよいです。
※2:トマトピューレはスープの赤みを増すために加えるもので、ない場合は省いてもよいです。
※3:ごはんは残りごはんがよいです。
※4:生クリームは植物性ホイップでもよいです。

作業工程:1 時間

  1. 玉ねぎとにんじんを粗みじん切りにする。
  2. 鍋にバターを入れ、中火にかけてとかし、玉ねぎを入れ、色づき始める直前まで炒める。
  3. 鍋ににんじんを入れ、5分ほど炒めて火を通す。
  4. チキンストック、トマトペースト、塩、白こしょう、ごはんを入れ、ふたをして30分、ときどきかきまぜながら弱火で煮る。
  5. 火を止めてしばらく置き、粗熱を取れて食べられる温度になってから生クリームを入れて全体を均一に混ぜる。
  6. 味見をして塩加減などを好みに調える。
  7. 器に注ぎ、あれば刻みパセリをトッピングして出来上がり。
  8. Enjoy!
(←click!)
このレシピやブログ記事を気に入っていただけたら応援クリックお願いします(*^_^*)

▼塩分濃度を計算

【ポタージュクレシーの塩分濃度w/v%】

  1. 野菜体積を含め、総量を1000mLと概算する。
  2. 小さじ1杯の塩の質量を6gとし、小さじ2/3の塩の質量を4gとする。
  3. 4g/1000mL=0.4g/100mL=0.4w/v%

では、両者を比較し、考察します。

【考察】

  1. 市販品ポタージュの塩分濃度0.76w/v%に対し、本レシピの塩分濃度は0.4w/v%である。
  2. よって、市販品ポタージュに比して本レシピの塩分濃度は、(0.76-0.4)/0.76×100=47.4より、ほぼ50%の減塩となっている。
  3. また、上記市販品ポタージュには別途「40%減塩タイプ」も市販されているが、本レシピの塩分量はそれよりもさらに減塩タイプであることが分かった。

* * *

50%の減塩って、嬉しいですね。

これからも、スパイスを活用しながら、塩味を抑えてももの足りなさを感じずおいしく減塩できることを、もっとたくさんの人に知ってほしいと思います。

ポタージュクレシー



* * *

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。