ボリビア料理「LLAJUA」の発音はヤッファまたはヤフア。

ボリビアには、辛くて美味しい卓上サルサがあります。

LLAJUAと綴られるのですが、これは何と読むのでしょう? 今回その発音について検証したので、過程と結論を記します。

【先に結論】
ボリビア料理LLAJUAの発音はヤッファまたはヤフア。「LLA」は動画で発音を確認し「ヤ」とするのがよいだろう。「J」は「フ」の子音である。「UA」は強母音と短母音の組み合わせにより短縮化してもよいし二重母音性を残してもよい(Guatemalaがグアテマラともガテマラと呼ばれるように)。動画発音確認でも「JUA」は「フア」と「ファ」の両方に聞き取れた。

* * *

スペイン語って、学びやすいですよね。発音はかなり文字通りに読めばよいし、母音が5個で日本語に似ているが我々日本人にとっては学びやすいのですが、「LL」がリャ、ジャ、ヤ、シャになるので、日本語カタカナ表記を試みる際はこの点の確認が重要です。

よって、動画でこの発音を検証しました。

◆Youtube「Llajua boliviana (Llajhua, Llajwa) – Cocina Boliviana」(≫こちら

llajua

0:16 ヤッファまたはヤフア

◆Youtube「Variantes de Llajua Primer colaborativo」(≫こちら

llajua

0:12 ヤッファ

◆Youtube「Realizarán la Feria de la Llajua en El Alto」(≫こちら

llajua

0:03 ヤッファまたはヤフア

* * *

次に綴りから検証します。「LLAJUA」の発音を検証するためには、文字を3つに分割する必要があります。「LLA」、「J」、「UA」です。

1)「LLA」
スペイン語圏ではリャにもジャにもなるが、動画により、見たすべてで「LLA」は「ヤ」であった

2)「J」
スペイン語の基本発音通り、「J」は「フ」であった

3)「UA」
Wikipedia「スペイン語の日本語表記」(≫こちら)でも解説されているが、強母音(A)と弱母音(U)の二重母音は短音化される。しかし、短音化されるか二重として残るかは、単語次第という印象が強い。例えば「agua」(水)は「アガ」より「アグア」と二重に残るほうがしっくりくるし、パナマ料理の「guacho」はワチョと短音化される。「Guatemala」は現地にいるときの会話の印象として「グアテマラ」でも「ガテマラ」でもよいと思う。

また、「JUA」は「フア」と「ファ」の両方に聞き取れた。「ヤフア」は発声に問題ないと思われるが、「ヤファ」や日本人の発声の点から「ヤッファ」のほうが読みやすいだろう。

* * *

【結論】
ボリビア料理LLAJUAの発音はヤッファまたはヤフア。「LLA」は動画で発音を確認し「ヤ」とするのがよいだろう。「J」は「フ」の子音である。「UA」は強母音と短母音の組み合わせにより短縮化してもよいし二重母音性を残してもよい。動画発音確認でも「JUA」は「フア」と「ファ」の両方に聞き取れた。ただし「ヤファ」は発声しやすさを考慮して「ヤッファ」とするのがよいと思った。当サイト内では「ヤッファ」を第一に置き、必要があれば(ヤフア)を併記するなどしていく予定である。

* * *

ボリビアのヤッファ(ヤフア)は、辛くて美味しい手作りのフレッシュ卓上サルサです。

ヤッファ

玉ねぎと唐辛子とトマトを石で丹念にすり潰します。日本でならばすり鉢とすりこ木を使えば作れます。人気のパクチーを加えた緑のヤッファも美味しいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。