ヤッファ

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイス大使2019】

スパイス大使レシピ
使用スパイス:カイエンペパー、粗びき唐辛子
カイエンペパー粗びき唐辛子

  • :ボリビア料理

  • 現地表記

    :llajua(現地の言葉)

  • 概要

    :フレッシュで辛いトマト&オニオンペースト

ヤッファ

南米大陸の内陸国のボリビアは、世界最貧国の1つに数えられる国ですが、そういう国は伝統文化を多大に残しているものです。ボリビアに行くと、アンデス山脈の伝統衣装を着るおばちゃんたちの市場が楽しくて、いつも市場でローカルなごはんを食べますが、意外にスパイシーで辛い料理や、トマトがリッチで赤い料理が美味しくて、ボリビア料理は辛さも色合いもリッチで豊かだなと思うのです。そのひとつが、このフレッシュで辛くて美味しいトマト&オニオンペーストです。辛くて美味しい卓上サルサでもあり、このサルサを更に他の料理の調味料に使うのです。生の唐辛子とトマトと玉ねぎ、あとは香草を入れる人もいて、丁寧に石ですり潰して作る、ジューシーなサルサです。日本でならすり鉢とすりこ木で作るのが合っています。唐辛子も、あれば是非水分をジューシーに含む生のものを使って、作ってみてください。

材料

作りやすい量):

トマト
1/2個
玉ねぎ
1/4個
唐辛子(※1)
好きな量(※1)
  • ※1:唐辛子は、できるだけ生のもの(冷凍でもよい)を手に入れて作ります。なければ唐辛子の粉やあらびき、一味唐辛子などで代用できます。また品種によっても香りや辛さがまちまちなので、自分の好みの辛さになるように使用量を決めます。

調理時間

作り方

  1. すべての材料をみじん切りにしてすり鉢に入れ、すりこ木で固形分が見えなくなるように丹念にすり潰す。
  2. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • この写真のものは、赤い生唐辛子を1本使い、かなり辛いものが出来ました。唐辛子の辛さは好みがあるし、唐辛子の種類によっても辛さが異なるので、現地でも辛さの度合いはまちまちです。
  • 青唐辛子を使い、緑の香草(パクチーやパセリ)をたっぷり加えると、緑色の強い出来上がりになります。現地では緑色の強い出来映えのものもあります。
  • 赤唐辛子を使い、香草を加えずに作ると、赤色の強い出来上がりになります。今回はその出来映えを模して作っています。
  • 現地では唐辛子の種も一緒に石ですりおろしますが、気になる場合は取り除いてもよいです。
  • 仕上げに塩や油を加えて混ぜるレシピもあります。

Tips about cuisine



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です