自宅でエジプト、自宅でコシャリパーティー!!段取りのコツをまとめました。

自宅でエジプト、自宅でコシャリパーティー!!段取りのコツをまとめました。

エジプト国民食のコシャリ
美味しいし、珍しいし、材料の入手がそれほど難しくないし、おなかいっぱい満足になれて楽しい。

コシャリ

ただ、盛り合わせるものの種類が幾つもあって、調理の段取りを事前につかんでおかないと、初めて作るときには調理中にこんがらかってしまいます。

そこで、自宅で楽しむコシャリの準備と調理について、段取りのコツをまとめました。

コシャリ

* * *

1)入手がやや難しいもの
近所のスーパーで売っていないかもしれない不安が大きいものは、以下の2つです。ネット通販か、スーパーに問い合わせて取り寄せてもらうか、輸入食材店へ行くなどして入手しておきます。

  • コリアンダーパウダー
  • レンズマメ

スーパーで取り寄せてもらう場合は、商品コード(JANコード(ジャンコード)と呼びます)をPC写メやスクショで撮って持っていくとよいです。JANコードが分かれば入手可能かどうかをその場で見てもらえるはず。

2)あると便利な調理器具
なくてもなんとかなりますが、以下のものがあると作りやすいです。

  • バーミックス(サルサやタレを手早く作る)
  • 揚げ物用網じゃくし(フライドオニオンを上手に作る)

3)買い物あるいは自宅から探し出すもののリスト
コシャリは、傷みやすい食材を使わないので、調理の何日も前から買い出し準備をしておけます。

  • トマト、トマト缶
  • クミンパウダー、コリアンダーパウダー
  • 玉ねぎ、にんにく
  • 米、マカロニ、スパゲティー、素麺
  • ヒヨコマメ(またはヒヨコマメ缶)、レンズマメ
  • 砂糖、塩、こしょう、小麦粉
  • 酢、サラダ油
  • ビーフコンソメの素や鶏がらスープの素、レモンまたはレモン果汁
  • 唐辛子(砕き唐辛子やパウダー唐辛子)、ベイリーフ

4)前日までに調理すると当日が楽になるもの
酢やタレは数日前に作ってもよいです。サクサクフライドオニオンは前日に作るのがよいです。

  • アラビア風味の酢(ダッア)を作る(所要10分)。
  • 辛くて旨いタレ(シャッタ)を作る(所要10分)。
  • サクサクフライドオニオン(タアレイヤ)を作る(所要1時間)。
  • 乾燥ヒヨコマメを水に浸けておく(所要1晩)。

サルサ(トマトソース)を前日に作っておいてもよいです(所要1時間)。ヒヨコマメの缶詰を使う場合はヒヨコマメの事前準備は不要です。

5)当日やること
複数の段取りが同時進行しますから、初めて作るときは、下のように頭の中に主要な4本のレールをイメージしてください。そうすれば工程が簡素につかめるので、作成が楽になります。

要は、

  • トマトと調味料は煮つめるだけ。
  • 麺入りごはんは炊飯器まかせ。
  • 豆はゆでるだけ。
  • パスタはゆでるだけ。

コシャリのページにも当日の段取りを記載しています。

* * *

コシャリ

配膳は、麺入りごはんにレンズマメを混ぜたものをサーヴしておいて、残り(パスタ、ヒヨコマメ、サルサ、フライドオニオン)は各自がかけるようにすると、準備が楽です。しかもセルフで盛ることでみんながコシャリの仕組みが分かるので、エジプトで愛されるこの料理に対して学びの機会を与えられる効果もあります。

盛り付けるときの注意
エジプトにはいろんなコシャリの味があるので、一概には言えないけれど、あまり現地の美味しさからかけ離れてもいけないので、エジプトの味を再現できるように以下をアドバイスします。

  • ごはんやパスタが冷えていないように(コシャリは温かい料理です)。
  • 豆が多くなるように(現地のコシャリ味に近くなる)。
  • サルサを多くかけすぎないように(他の味が隠されてしまう)。
  • マカロニとパスタが多くなりすぎないように(イタリアンなスパゲティートマトソースの味になってしまう)。
  • ダッア(アラビア風味の酢)とシャッタ(辛くて旨いタレ)は、苦手じゃなければたっぷりと。
  • タアレイヤ(フライドオニオン)はサクサクした状態を保つよう、一番最後に盛るとよい。

そして、器の中で全体を混ぜ混ぜして、ガツガツがっつりいただきます♪

コシャリ

それでは美味しいコシャリを是非お楽しみくださいませ☆

2 Replies to “自宅でエジプト、自宅でコシャリパーティー!!段取りのコツをまとめました。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。