タアレイヤ

  • エジプト料理

  • 現地表記

    :تقلية(アラビア語エジプト方言)

  • 概要

    :サクサクフライドオニオン

タアレイヤ

玉ねぎは、和食にはあまり使われない食材ですが、例えばエジプト台湾などではサクサクフライドオニオンが頻繁に料理に使われます。自家製のものは作りたての美味しさがあり、口の中でサクサクとし、「食感」という新たな美味しさを料理に与えます。ラーメンやうどんのトッピングにもピッタリなので、時々こうして作っては、サクサクを楽しんでいます。

材料

作りやすい量):

玉ねぎ(※1)
3個
小麦粉(※2)
大1
揚げ油
適量(※3)
  • ※1:普通の玉ねぎでもよい。しかし小柄な紫玉ねぎを使うとより美味しい。
  • ※2:薄力粉や中力粉など。
  • ※3:揚げ物をする鍋に深さ3cm以上の油。

調理時間

作り方

  1. 玉ねぎを繊維に沿って4つ割りにし、まな板の上で横にして置き、繊維を切るように薄切りにする。
  2. キッチンペーパーを敷いたザルに入れ、扇風機の風を当てるなどして、30分くらい風乾させる。
  3. 揚げ油を170~180℃に加熱開始。
  4. 大きなポリ袋などの中に入れ、小麦粉を入れ、空気を入れて風船のようにして口をとじ、シェイクして小麦粉を全体にまんべんなくゆきわたらせる。
  5. 玉ねぎを揚げ油に落とし、焦げすぎないように気をつけながら揚げる。
  6. 揚げ終わったらキッチンペーパーの上に取り出し、余分な油を吸わせて除く。
  7. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 開封したての新しい油を使うとカラっと揚がります。
  • カラっと揚げるために、取れる水分は取ったほうが美味しく、私はキッチンペーパーと風により事前乾燥しています。これをやると出来上がりがまるで違います。
  • 網じゃくしを使い、玉ねぎがなるべく空気に触れないように沈めながら揚げるとよいです。
  • 低温で揚げるとカラっと揚がらないので注意します。
  • キツネ色になった後は色の変化が急速であることと、取り出した後も予熱で焦げが進行することを考慮し、目的とする色合いの一歩手前で引き出すことが大事です。油の中で目的の色になるまで待つと失敗します。
  • フライドオニオンを作ったあとに残る油はとっても旨味があって美味しいので、以後の料理に活用できます。

Tips about cuisine



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

One thought on “タアレイヤ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です