エジプト料理

[last update 2017/07/01]

+++新着+++


【基礎情報】

国名:エジプト・アラブ共和国Arab Republic of Egypt、首都:カイロ、ISO3166-1国コード:EG/EGY、独立国(1922年英国より)、公用語:アラビア語、通貨:エジプトポンド

▲目次に戻る


【地図】

エジプトはアフリカ大陸と中東のつなぎめにあります。西にリビア、南に北スーダン、北東にイスラエル(パレスチナ)と接しています。地中海を渡ってギリシャトルコ、キプロス、紅海を渡ってサウジアラビアがあります。

▲目次に戻る


◆古代文明の時代を継承する、中近東の中心たる食文化

「エジプトはナイルの賜物」。エジプトは豊かな水の恵みから四大文明の1つを形成しました。文明の中心ゆえ、他地方との文化と人の行き来が盛んで、広い目で見れば、イラク方面やモロッコ方面と似た料理も存在します。しかし、国土の大半が砂漠で周辺の国とも砂漠で隔絶されたため、エジプトは、他のどの国とも同一でない、独自に発展した食文化を有しています。

エジプト料理
路上屋台の朝食。フールトルシーアエーシサラダバラディ。(撮影地カイロ)

サウジアラビアの上空を経てエジプトへ向かう飛行機から大地を見下ろすと、サウジは一面の砂である一方で、エジプトは、ナイル河沿いに豊かに緑が茂っていて、その差に驚愕を覚えます。エジプト、メソポタミア(イラク)、インダス(パキスタン)、黄河(中国)の四大文明は、豊かな水の恵みを受け、農耕とともに栄えました。農耕によって定住ができ、生産力が増え、生産物の取引きから格差社会が生まれ、そういうところに文明は興ったのです。これは遊牧民社会との大きな違いです。

エジプトは、メソポタミア文明(今のイラク)と地理的に近いこと、互いが大文明圏であること、7世紀にイスラム教が興り同じ宗教を信仰することなどの要素から、文化と人の行き来が盛んでした。だから、エジプト料理は、イラク周辺国いわば中東料理と共通するものがたくさんあります。しかし「イラク料理とエジプト料理は同じか?」と問われたら当然違う。エジプトは隣国と砂漠で断絶されていて、独自の発展をしてきたためです。

また、エジプトとマグレブ(※)も同じ北アフリカに区分されるものの料理は同じとは言いがたい。広大なリビアが砂漠ゆえエジプト-チュニジア間を隔離しています。例えばマグレブの料理はクスクスに支えられていても、エジプトはそうじゃない。

※マグレブ:狭義にはモロッコ、アルジェリア、チュニジア

このようなことからも、エジプトは、各方面に文化をもたらし、多方面から文化を取り入れながらも、独立した食文化をもつ国になったと言えるのです。そういったことを前提にして、それではエジプト料理の各論を見ていきましょう。
▲目次に戻る

主食 Staple

アラブの国々のパンといえばたいてい薄焼きのパンでホブズと呼ばれることが多いですね。でもエジプト人はその薄焼きパンを「ホブズと言っても理解できるけれど、僕らの言葉ではアエーシと言う」と言います。エジプトのアエーシの多くは、平たく成形した生地を高温のかまどに入れて瞬時に表面を焼くため、中の蒸気が逃げずに膨らみ、中に空洞ができます。イスラエルのピタ(ピタパン)と似ています。

アエーシは2つの食べ方ができます。1つはちぎってディップやピューレをすくって食べるもの。ディップにはフール(ゆでたソラマメを潰したもの)、タヒーニ(練りごまとレモンとにんにくを混ぜたもの)、ババガヌーシュ(焼きナスのピューレ)があります。

アエーシのもう1つの食べ方は、半分に切ってポケット部分に具を入れるピタパンサンドイッチ風。イスラエルでもよく見られる食べ方です。先述のタヒーニババガヌーシュも具になりますし、トルシー(イラクやイランでも食べられる大根やにんじんの漬物、エジプトではミーハレンとも呼ぶ)やゼイトゥーン(オリーブ)に、コフタ(ひき肉団子)やターメイヤ(ソラマメコロッケ)などのおかずを入れたりもします。

このように、サンドイッチ文化が強いのはエジプトの1つの特徴のようにも思います。またイスラエルはエジプトと接しています。イスラエル人(ユダヤ人)は、イエスキリストよりずっと前の時代にエジプトで使役され、その後その子孫は帰還しました。エジプトから帰還したユダヤ人はエジプトの食生活を送っていたのだから、当然イスラエル料理の一部はエジプト料理ですよね。イスラエルにおいてもピタパンが主体なのは、その一端ではなのではないかと思われます。

またエジプトではオルズ(米)もよく食べられています。細い麺と油を入れて炊いた日本米(ジャポニカ種)がポピュラーです。
▲目次に戻る


料理名一覧 Food & Drink Glossary

【主食類】
  • アエーシ・・・薄パン
  • オルズ・・・米、ごはん
【おかず類】
  • コフタ・・・ひき肉団子
  • サラダバラディ・・・みじん切りサラダ
  • ゼイトゥーン・・・オリーブ
  • ターメイヤ・・・ソラマメコロッケ
  • タヒーニ・・・練りごまディップ
  • トルシー・・・漬物
  • ババガヌーシュ・・・焼きナスのピューレ
  • フール・・・ゆでたソラマメを潰したもの
  • ミーハレン・・・漬物

▲目次に戻る


Link

▲目次に戻る


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

エジプト料理」への3件のフィードバック

  1. 柏木 由紀 より:

    読みごたえ満点のサイトですね。
    気に入っているのでブックマークに登録しています。
    有名なものだけでなく、マイナーな料理も取り上げられていること。食文化と気候、風土についても詳しく、かつ分かりやすく書いてくれています。各国のイメージに合わせた造りも雰囲気出ていて楽しいです。
    あと、メジャーどころですが、イタリアやフランス、イギリス、スペイン、中国、そして我が日本もあるといいなと思いました。このサイトで取り上げてくれたら、きっと充実した記事になると思うから楽しみにしてます。

  2. 由紀さん、嬉しいです。
    メジャーどころも少しずつ挑戦しています。メジャーは、やはり大国なので、より勉強が必要ですが、必ずや達成します。
    次の執筆としてはトルコ料理作業中なので、これはメジャーかな(^^*
    日本は最後と決めています。知っているからこそ、一番難しいのです。
    今後も宜しくお願いします。またお話ししましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。