「宫保鸡丁」や「宮保雞丁」の料理名の表記と英語定着名称について調べたのでまとめます。

◆最初から結論を見たい人はまとめへどうぞ(≫こちら

宫保鸡丁(ゴンバオチーディン)は有名な中国料理です。もちろん台湾でも香港でもこの料理は有名ですし、作りやすいので定着しています。

宫保鸡丁

美味しいんですよ~。中国醤油と中国黒酢を使って作りました。唐辛子と生姜とにんにくのフレーバーで、鶏肉とピーナッツが次から次へと進んでいく、とても美味しい料理です。「世界のチャイニーズ」を代表するメニューの1つで、冷凍食品として海外英語圏の国などでも販売されています。

中国簡体字で「宫保鸡丁」
中国繁体字や広東語で「宮保雞丁」

今日はこの読み方について調べました。調べるうちに英語表記が異なることも知ったので、このページにまとめます。

* * *

1)中国簡体字の表記、ピンイン、発音
表記は「宫保鸡丁」
ピンイン(中国語の読み方記号)は「gōng bǎo jī dīng」
発音は私が中国山東省で現地発音を耳にしたときのメモで「ゴ(コ)ンバオチーディン」です。

2)台湾の表記、発音(≫こちら

宮保雞丁

これは台湾の人の動画です。
表記は「宮保雞丁」
発音はこの動画の0:05で「ゴンバオチーディン」

3)香港の表記、ピンイン、発音(≫こちら

宮保雞丁

これは「蘋果日報」(日本語でヒンカ日報)という香港を代表する広東語新聞のウェブサイトです。
表記は「宮保雞丁」
ピンインは「gung1 bou2 gai1 ding」
発音はこの動画の0:34で「グンボーカイディン」

ここで、「鸡」や「雞」は中国語で「チー」
「雞」は広東語で「カイ」
今回の料理名もこの原則に合っていました。

4)海外の表記

宮保雞丁

この写真は海外で冷凍食品として販売されている既製品パッケージです。
「Kung Pao Chicken」(クンパオチキン)と表記されていることに気づきました。
(検索用語にKungを使用していないにもかかわらず、です。)

辞書サイト(≫こちら

宮保雞丁

もはや英語では「Kung Pao Chicken」(クンパオチキン)で定着しているようです。

確かに「クンパオ」に聞こえる発音もあります(≫こちら)。

宫保鸡丁

この動画の0:20では「クンパオチーディン」にも聞こえます。

* * *

<結論>
1)中国簡体語
宫保鸡丁ゴンバオチーディン(またはコンバオチーディンやクンパオチーディン)
(※ただしこれらは皆同じ発音をしているのだと思う。)
2)中国繁体語
宮保雞丁ゴンバオチーディン
3)広東語
宮保雞丁グンボーカイディン
4)英語
Kung Pao Chickenクンパオチキン

当サイトの使用方針:
・中国料理---1と2(主に1)
台湾料理---2
・香港料理及びマカオ料理---3
を使用し、それぞれのレシピページの下部に参考情報として英語表記を付記することにする。

* * *

宫保鸡丁(ゴンバオチーディン)ってどんな料理?

宫保鸡丁

美味しいんですよ~。
鶏肉とカシューナッツあるいは鶏肉とピーナッツ。ナッツはカラっと、鶏肉は片栗粉の衣をうっすらつけるからしっとり柔らかく、にんにくと生姜と唐辛子という典型的な中国料理のフレーバーで、なおかつ酢が入っていて、こってりした味のナッツとさっぱりした酢が味わいピッタンコ! 美味しいし、作るのはとても簡単なので、是非作ってみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。