ソマリア料理

[last update 2017/07/02]

+++新着+++


【基礎情報】

国名:ソマリア連邦共和国Federal Republic of Somalia、首都:モガディシュ、ISO3166-1国コード:SO/SOM、独立国(1960年英国とイタリアより)、公用語:ソマリ語、アラビア語、通貨:シリング

▲目次に戻る


【地図】

ソマリアはアフリカの「角」に位置する国で国境線の多くをエチオピアと接しています。その他ジブチ、ケニアと接しており、紅海を渡ると対岸はイエメンです。

▲目次に戻る


◆ソマリアといえばラクダ。交易の影響を強く受けた料理。

アフリカ大陸の東北部に位置し「アフリカの角」と呼ばれるソマリアは、アフリカでは珍しいことに、単一民族・単一言語・単一宗教(ソマリ族・ソマリ語・イスラム教)の国です。ソマリ族の分布はソマリア国土より広く、ケニア、エチオピア、ジブチなど周辺国にも多数のソマリ族が居住しています。ソマリ族は国内で6つの氏族(クラン)に分かれており、1960年に独立国になるも、権力争いなどから内紛が絶えません。国連が平和維持に介入するも内部氏族の攻撃を受け、世界中の非難を浴び、国連が撤退して誰も救済しない国になって内戦と無政府状態が続きました。我が国は、2012年に再発足したソマリア政府を承認しましたが、今も危険な国であることに変わらず、国境なき医師団は2013年にソマリア撤退を決定。紛争と飢饉を知らないソマリア人はいないとさえ言われる昨今、国民の多くが食糧を十分に得られない悲惨な国の食事情を、ここで美味しそうに書くことは、心苦しいものがあります。

ソマリア料理
イリップゲル(ラクダ肉)やバスト(スパゲティー)などのソマリア料理(撮影地ハルゲイサ)

ソマリアは、イエメン方面から海を越えて渡ってきたソマリ族の国です。
(※先住民はユダヤ人であるという研究論文があります。紀元前にイスラエルからエジプトへ奴隷として連れてこられた人々の一部が離散して、現在のエチオピアのファラシャやソマリアのYibir氏族となり、地位が低い集団として扱われています。)

ソマリ族は、国土の大半が砂漠であるソマリアの土地で、遊牧民(ノマド)として、ラクダをひいて暮らしてきました。より正確に言うと、エチオピア南東部とジブチの一部もソマリ人の居住地で、ソマリ人は自分たちの望まない国境線によって分断された民族と言えます。

歴史の中で、ソマリ人の暮らしには海がありました。現在ソマリアの首都であるモガディシュ(モガディシオ)は、アラブやインド方面とアフリカ南部(現在のタンザニアやモザンビーク)をつなぐ海の交易路の主要中継地点の1つでした。14世紀にモガディシュを訪れたモロッコの大旅行者イブンバトゥータは、ソマリアの繁栄を、「良い服をまとい、人々は太っていた」と記録しています。ソマリアは極めて高価な「乳香」が採れる土地なので、きっと多数の取引と共に栄えたに違いありません。

また、その取引には香辛料も含まれており、その歴史の結果として、ソマリア料理は香辛料を使う、スパイシーなものが多くなっています。
▲目次に戻る

◆主食 Staple

私が「ソマリア料理の主食」と言われて思いつくものは主に3つあります。バリース(米)やバスト(スパゲティー)、そして穀物の粉と水から作る様々な形状のパン類です。料理名としてバリースと言えば、シンプルに炊いたごはんから、肉と肉汁を使って炊く豪華なごはんまでを指すこともあります。ソマリア料理の数々からはヨーロッパの支配下に置かれていた歴史をあまり感じないのですが、スパゲティーだけは別。スパゲティーを多用することはイタリアの影響とみられています。1960年の独立前は、北部がイギリスの植民地、南部がイタリアの植民地だったので、バスト(スパゲティー)はもともと南部(首都モガディシュも含めて)で多食されているものでしたが、北部にも随分と浸透しました。一方、北部ではバリース(米)が多食されています。ちなみにソマリアの食事は昼食がメインなので、バリースは朝や夜にはあまり出会えません。

ムッフォは麦やトウモロコシから作られる平たいパンです。アンジェロ(ラホーフとも呼ぶ)は、ソマリア、ジブチ、イエメンあたりに起源をもち、エチオピアやエリトリアのインジェラ、スーダンのキスラと類似する、発酵した生地で作る薄焼きのパンです。ソマリアでは、ムッフォアンジェロは、おかずと一緒に主食として食べることもありますが、特に朝食ではムッフォアンジェロに砂糖と紅茶と油(スバ(乳脂肪、インドのギイみたいな)やマクサロ(ごま油))をかけて食べたりもします。

また、ソマリア南部(首都モガディシュ周辺やラハンウェイン氏族の居住地)では、随分とソールすなわち穀物の練り物(トウモロコシの粉やソルガムの粉を湯で練ったもの、ケニアのウガリと同じ)が多くなります。
▲目次に戻る


料理名一覧 Food & Drink Glossary

【主食】
  • アンジェロ(Canjeero)・・・穀物の粉の溶液を発酵させて薄焼きにしたもの
  • ソール(Soor)・・・穀物の粉の練り物
  • バスト(Baasto)・・・スパゲティー
  • バリース(Bariis)・・・米(ごはん)。
  • ムッフォ・・・麦やトウモロコシの粉から作られる平たいパン
  • ラホーフ・・・アンジェロと同じ

▲目次に戻る


Link

▲目次に戻る


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

ソマリア料理」への1件のフィードバック

  1. パンが美味しそうですねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。