バリース

バリース、ソマリア料理、ジブチ料理、肉汁スパイス炊き込みごはん

バリース

「バリース」はソマリ語で米という意味をもつ単語です。スパゲティーやパンもよく食べられるソマリアですが、ソマリアに行ったときはしょっちゅうバリースのお世話になり、そしてファンになりました。本式にはラクダの足をドンと焼いて乗せるのですが、日本で作るならどうしよう・・・? イスラム教国家だから豚肉は違うし、牛の肉では硬そうだし、羊の塊肉はそう簡単には手に入らないし・・・ということで、チキンにしました。チキンならソマリア人にもきっと喜んでもらえます。日本人にもなじみます。
材料(2~4人分):

・・・1.5C
鶏もも肉・・・大きめ1枚
・・・2C
・・・小1/2
鶏がらスープの素又はマギー・・・好みで少々
玉ねぎ・・・1/2個
にんにく・・・中国産サイズで2かけ
・・・大2
バター又はマーガリン・・・大1
ハワシュ(香辛料ミックス、≫こちら・・・小1
シナモンスティック・・・1かけ
カルダモン・・・さやごと10粒
黒こしょう・・・5粒
調理時間:(米を吸水する時間を除く)
作り方:

  1. 米を洗って浸水し、ザルにあげて水気を切る。
  2. 鶏肉と水を小鍋に入れて加熱し、鶏肉をゆでて塩を入れてチキンスープを作る。鶏肉は取り出しておく。
  3. チキンスープの味見をし、旨味が薄いようなら鶏がらスープの素やマギーで旨味を補っておく。
  4. 玉ねぎを粗みじん切りにし、にんにくをみじん切りにする。
  5. ごはんを炊く鍋に油とバターを入れ、玉ねぎとにんにくを炒める。
  6. 玉ねぎが茶色くなったら鶏肉を皮から入れ、焼き色をつける。
  7. カルダモンのさやに包丁で切れめを入れる。
  8. ハワシュ、シナモン、カルダモン、黒こしょう粒を入れて香りを出すように炒め、鶏肉を取りだし、米を入れて炒める。
  9. 米の表面に油がゆきわたったら、チキンスープを入れて強火で煮たて、煮立ったらフタをして弱火にして10分以上置く。
  10. 蒸気が出なくなったら表面の米を味見し、火が通っていたら火を止めて軽く混ぜ、鶏肉を乗せてフタをして10分以上蒸らす。
  11. Enjoy!
こつは:
・米は、バスマティ米やインディカ米など、外国の粘り気のない米がよい。
・油が少ないと美味しくないので、油は多めのほうがよい。
・写真はゆでたにんじんの千切りを表面に散らしています。
・仕上げにハワシュを少々ふりかけると香りがよいです。

Tips about cuisine

・バリースのソマリ語(ソマリアの公用語の1つ)の綴りは「Bariis」。
・バリースは米という意味である。
ソマリアではイリップゲル(ラクダの肉)やイリップアリ(ヤギの肉)がよく食べられるので、バリースの上に乗るのもたいがいそれらの骨付き足である。
・隣国ジブチにもソマリ人は多く住み、ジブチでもバリースは食べられている。



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です