イラン料理

[last update 2017/08/25]

+++新着+++

  • バチカンに国リンク挿入!(今後の投稿は、肉のおかず、豆のおかずなどを予定しています)。

【基礎情報】

国名:イラン・イスラム共和国Islamic Republic of Iran、首都:テヘラン、ISO3166-1国コード:IR/IRN、独立国、公用語:ペルシャ語、通貨リヤル

▲目次に戻る


【地図】

イランと大きく国境を接する国は、イラク、トルクメニスタン、アフガニスタン、パキスタンです。南は海に面し、北はカスピ海に面し、コーカサスのアゼルバイジャンやアルメニアや、そしてトルコとも国境を接しています。

▲目次に戻る


◆ハーブやフルーツを多用する悠久のペルシャの料理

今の国名は「イラン」。でも、長い歴史の中でこの国は長く「ペルシャ」と呼ばれてきました。長い歴史が育んだイラン料理(ペルシャ料理)には、ハーブやフルーツが驚くほど多用されています。日本料理には登場しないような食材、例えばミント、さくらんぼ、ざくろ、オレンジ、ヨーグルト、バラの花びらなどが、米料理や肉料理に使われます。唐辛子をほとんど使わないので辛くなく、香辛料も控えめでスパイシーすぎず、ハーブやフルーツを取り入れたナチュラルな味わいには、一目の価値があります。ターメリックを多用するので黄色い料理が目立ちます。

イランの家庭
自宅に招いてくれた新婚さん。おもてなしにはチャイやピスタチオ。(撮影地シラーズ近郊)

地図を見ると分かりますが、イランはとても広い国です。ペルシャ系の人々が主要民族ですが、アラブ系民族も、テュルク(トルコ)系民族も混交し、ここはまるでユーラシア大陸の縮図のようです。これらの民族はいずれももともと遊牧文化を持っているものの、イランには砂漠主体の国と違って四季がある点が特徴で、季節ごとに美味しい作物も採れ、肉も野菜も、そして海に面することから魚も揃っています。

外食産業が提供する料理の幅が狭いため、旅行者には食べるものの種類が少ないと言う人もいます。イランの旅の食事といえば、チェロウポロ(ごはん)、ナン(薄焼きパン)、キャバブ(肉の串焼き)、ホレシュ(煮込み)・・・の連続になりがちです。でも、家庭料理に踏み込めば、イラン料理は幅広い食文化を有していることが理解していけます。
▲目次に戻る

主食 Staple

イランのお米は長粒種で、パラパラとした炊きあがりです。シンプルにふんわり軽く炊いたごはんはチェロウチェロウの方法で具を入れたものはポロと呼ばれます。ポロはスパイスがほんのり利いていて、そのお米のパラパラさから、煮込みや肉類のおかずと大変に良く合います。ゼレシュクというメギ科ヘビノボラズの赤い実(英語でバーベリー)を散らした美しいごはんはゼレシュクポロと呼ばれます。

ポロは、見た目がお米でも、メニューによっては山盛りごはんの中からモルグ(鶏肉の煮込み)が登場して驚くこともあります。イラン人はごはんのおこげが大好きで、おこげができるように真剣にごはんを炊き(ごはんの底にじゃがいもを敷いておこげっぽくすることも)、おこげ部分をターチン又はターディグというおもてなし料理にするほどです。

お米に並ぶもうひとつの主食が、ナン(パン)です。ナンにはもちもちした特大のバルバリ、インドのチャパティーのように鉄板の上で焼くタベ、小石の上で焼くサンギャック、フェルト生地みたいに薄いラバシュなどがあります。イランは家庭でナンを作ることはあまりなく、町中にナン屋が存在します。
▲目次に戻る

軽食 Quick Eats

外食の種類の少ないイランでおすすめなのが、サンドビーチ(食パンではなくコッペパンのようなパンを使ったサンドイッチ)です。町中にサンドビーチ屋があり、その具も様々ですが、是非、名物のサンドビーチェマーグズ(羊の脳みそのサンドビーチ)を食べてみてほしいです。
▲目次に戻る

お茶やコーヒー Tea & Coffee

イランといえば、チャイ(紅茶)とナッツ。これはおもてなしの基本であり、数種類のミックスナッツをアジルとも呼びます。特にピスタチオはイランが世界一の産地です。

イラン一般家庭で見た、チャイの淹れ方について。
周辺の国では、「お茶を丁度良い濃さに煮出してカップに注ぐ」のですが、イランでは、「お茶を何時間でも煮出しておいて、カップに注ぐときにお湯で割る」のです。だから、イランの湯沸かしは、家庭でもお店でも、上下二段式です。下段でお湯を沸かし、その上にティーポットやヤカンをセットし、下段から出る水蒸気によって上部でお茶を煮出し続けるのです。

お茶を注いだグラスは茶托(受け皿)に乗せて供されますが、驚くことが2点! 1つめは、グラスのお茶を茶托に移して茶托から飲むこと。2つめは、砂糖を茶に溶かすのではなく砂糖の塊を口の中に入れて無糖の紅茶を口に入れることです。
▲目次に戻る

食習慣 Habits & Customs

イラン人の多くはテーブルで食事をとりません。最近は食堂やレストランでは椅子とテーブルのスタイルも多くなり、旅行者はむしろこのスタイルで食事をすることのほうが多いかもしれませんが、多くの家庭では絨毯の上にビニールのカバーを敷いて、みんなで囲んで食べています。食堂でも、少し高い台を設置してあるところならば、そこに絨毯を敷いてみんなで車座になって食事をとります。
▲目次に戻る

宗教に関連して Food & Religion

世の中のほとんどの国は政教分離政策(政治と宗教の切り離し)をとっていますから、政教一致の国はごく一部しかありません。政教一致の国は、イスラム教国家のイランやサウジアラビア、キリスト教国家のバチカンなどがあります。イランは厳格なイスラム教国家である以上、旅で訪れる人もイスラム教の戒律を理解する必要があり、表向きにはそれらを実行しながらイランを旅することになります。女性は髪を隠し、腰やお尻のラインが分からないような服を着て、バスの中では男女が分離され、お酒や豚肉は絶対禁止です。

また、これを読んで下さったみなさんがイランを旅される際は、ラメザン(断食月ラマダンのイラン口語発音)の時期を外したほうがよいと思います。もともと外食で食べるものの種類が少ない国なのに、厳格なイスラム教国家ゆえ、ラメザン中は日の出から日没まで食事の場は閉店です。
▲目次に戻る


料理名一覧 Food & Drink Glossary

【米の主食】
  • チェロウ・・・ごはん
  • ポロ(پُلَو)・・・チェロウの方法で具を入れたもの
    • ゼレシュクポロ・・・ヘビノボラズの赤い実を散らしたごはん
  • ターチン・・・おこげごはん
  • ターディグ(ته دیگ)・・・おこげごはん
【パン類】
  • サンギャック・・・石焼きパン
  • サンドビーチ(ساندویچ)・・・コッペパンのサンドイッチ
  • タベ・・・鉄板の上で焼くパン
  • ナン・・・パン類の総称
  • バルバリ・・・縦スジの入った薄パン
  • ラバシュ・・・フェルト生地みたいに薄いパン
【肉のおかず】
  • キャバブ(کباب)・・・肉の串焼き
  • モルグ・・・鶏肉料理
【煮込み】
  • ホレシュ(خورش‎)・・・煮込みの総称
【飲み物】
  • チャイ・・・紅茶
【その他】
  • アジル・・・ミックスナッツ
  • ゼレシュク・・・ヘビノボラズの赤い実

▲目次に戻る


Link

▲目次に戻る


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

イラン料理」への2件のフィードバック

  1. 邑上佑子 より:

    イラン料理について
    ざっくりと説明してもらえる文章を探していたら
    こちらへ辿り着きました。

    プリントアウトして読んでみると
    とても分かりやすく、要点がギュッと詰まっていて
    「ヤッター!大当たり♡」という感じです。笑

    ありがとうございます(^^)

  2. よかった、嬉しい(^。^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。