フィッシュケイク★お魚コロッケ

フィッシュケイク、魚の身を使うまんまるコロッケ。

フィッシュケイク

海外で「ケーキ」(ケイクと発音)はスウィーツじゃないこと多いんです。これはカリブ海諸国のレシピの1例です。じゃがいもがない、魚だけのフィッシュケイクから、魚ちょっぴりの、じゃがいもだらけのフィッシュケイクまでいろいろなバリエーションがあります。パン粉をつけるのに小麦粉も卵液も要らないので、気軽にどうぞ。
材料:

じゃがいも・・・好きな量(例えば0~5個)
・・・好きな量(じゃがいもの1割くらいの量から果ては魚だらけでも。タラ、鮭、サバなど。)
唐辛子の粉・・・少々
・・・少々
パン粉・・・まぶす量
合計時間:
作り方:

  1. 魚をゆでるかレンジ加熱して、すりばちでほぐす。皮と骨は取る。
  2. じゃがいもをゆでて皮をむき、すりばちに加えてつぶしながら魚肉と混ぜる。
  3. 味見をして塩を適宜追加。あとからソースをかけるなら不要。
  4. 唐辛子の粉(チリパウダーから一味唐辛子まで自由に)を少しだけ加える。風味づけ。
  5. 紙や薄型まな板等の上にパン粉を広げる。
  6. すりばちの中身をゴルフボールくらいにまるめてパン粉の上に置いていく。
  7. 全部まるめたら、上からパン粉をかけてから、まるめたタネにしっかりパン粉をくっつける。
  8. 揚げる。
  9. Enjoy!
こつは:
・じゃがいもはほくほくになるようにゆでる。皮ごとゆでて、皮がはじけるくらいが一応の目安。
・冷蔵庫にゆで置きのじゃがいもがあると調理時間短縮。
・魚が圧倒的に多いバージョンから、じゃがいもが圧倒的に多いバージョンまで、自由に。
・タネをボール状に成形するとき、まとまりが悪いようなら、ふるった小麦粉を混ぜたり、卵液を混ぜたりすると良い。卵液は多すぎるとゆるゆるになってしまうので注意して。
・底が平たい揚げ鍋に入れて、揚げている間は極力触らないようにするほうがよい。
・カリブ海やモルディブのスコッチボンネット種の唐辛子があればめちゃくちゃ香り良く仕上がります。
・鮭やタラ、サバなどが合います。
・タネには火が通っているので、表面が色づけば出来上がりなのですが、ゴルフボールより大きすぎると表面が色づいても中がホカホカにならないので、サイズに気を付けるとよい。
・トマトソースやバーベキューソースで食べれば海外のレストラン風。そのままパクっと食べれば海外庶民風。どちらも美味しい。

フィッシュケイク
お魚効果で、肉のコロッケより頭良くなるかな~☆



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です