【葉野菜×スパイス×世界の料理・連載第4回】「レタス×ブラックペパー×トルコ料理」~ラフマジュン編~

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイスアンバサダー2020】

スパイスアンバサダーレシピ
使用スパイス:ブラックペパー、クローブ、オールスパイス、カイエンペパー、イタリアンパセリ、チャイブ、チャービル、パクチー
こしょうクローブオールスパイスカイエンペパーイタリアン<img itemprop=チャイブチャービルパクチー

2020年度スパイスアンバサダーの活動報告
11月の活動内容として、スパイスで好き嫌い解消チャレンジ!苦手な食材をおいしく克服しよう<葉もの野菜編>という趣旨に基づいた情報発信をする運びとなりました。そこで、本タイトルの通り【葉野菜×スパイス×世界の料理】として、5回連載形式でスパイスアレンジレシピをお届けします。

【好き嫌い解消のエピソード、レシピへ込める想い】
私には幸せなことに嫌いな食材がありません。
「好き嫌いがあるよりはないほうがよい」、この点には間違いはないと思います。となると、嫌いな食材を好きにさせることはよいことだ、という論法に落ち着きますよね。
教育現場においては、教師が一律に教育指導の言葉をかけても、それに響く子と響かない子がいる。だから児童・生徒・学生を改善に導くために、教育者はたくさんの言葉をかけ、たくさんの種をまくことが重要となります。言葉Aに響く子もいれば、言葉Bに響く子もいれば、言葉Cでないと動かない子もいるからです。それと同様に、もし食べ物の好き嫌いを改善に導くために、作り手はたくさんの種を蒔くほうがよいのです。つまり、たくさんの種類のレシピで、多様な料理を与えられるほうが成果を得やすいのです。料理Aで食べる意欲が増す子も、料理Bで食欲が増す子も、料理Cでやっと動く子もいるでしょう。その「たくさんの種」は、世界247か国の食文化を盛り込んだ「世界の料理」なら、多数の人に美味しいという長い歴史に裏打ちされた実績と、現存する美味という説得力があります世界の料理には、新しい美味しさに出会える可能性が多大にあるのです。・・・とちょっとこのように、「食育な」応援の視点から、私のレシピへ込める想いをお伝えしました。

* * *

連載第4回は、「レタス×ブラックペパー×トルコ料理」~ラフマジュン編~です。

ラフマジュン

トルコ、イラク、アルメニア、レバントアラブといったオリエント一帯には、この美味しい肉々ピザが根付いています。スパイス加減が見事で、お肉の味付けが素晴らしくて、しかも薄く作られているからおかわりしたくなる美味。現地では、1枚を食べる時は2つ折りにして、中にレタスなどの葉野菜をぎゅっと詰めていただきます。それが素晴らしく美味しくて、レタス自体に味をつけなくてもあっという間に完食する美味です。

レシピは簡単です。

heart『生野菜と食べるスパイシー肉ピザ♪ ラフマジュン♪』
材料(2人分):
<生地>

中力粉
140 g
70 mL
砂糖
大1/2
小1/2
オリーブオイル
大1/2

<乗せるもの>

玉ねぎ
1個
サラダ油
大1.5
ピーマン
1個
緑のハーブ(※1)
刻んで大2
牛ひき肉
180 g
小2/3
こしょう
小1/4
カイエンペパー
小1/8~小1/4
クローブパウダー
小1/4
オールスパイスパウダー
小1/4
砂糖
小1/2
レモン果汁(※2)
大1/2
トマト
小1/2個
レタス
千切りでお茶碗1杯

※1:緑のハーブは、イタリアンパセリ、ディル、ニラ、小ねぎなどがよいです。なければ乾燥品で代用できます。
※2:レモン果汁の代わりにタマリンドを使うレシピもあります。

作業工程:50 分(生地をホームベーカリーでこね、その時間を含まず、1枚ずつ2度焼いた場合)

  1. 生地をホームベーカリーのピザ生地コースなどを使ってこね、発酵させる。
  2. 玉ねぎをみじん切りにしてフライパンに入れ、サラダ油を入れて中火で炒める。
  3. 玉ねぎに火が通ったらボウルに入れる。
  4. ピーマンと緑のハーブをみじん切りにしてボウルに入れる。
  5. 牛ひき肉、塩、ブラックペパー、カイエンペパーパウダー、クローブパウダー、オールスパイスパウダー、砂糖、レモン果汁を加え、均一になるようによく混ぜる。
  6. トマトを切り、中の液体部分を除き、皮と硬い部分をみじん切りにしてボウルに加え、もう一度よく混ぜる。
  7. 生地に打ち粉(分量外)をし、2等分し、円形(楕円形でもよい)になるように薄く薄く延ばす。
  8. オーブンを250℃で予熱開始。
  9. 生地をクッキングシートに乗せ、具を等分に乗せる。スプーンの背を使って生地のフチまで薄く延ばす。
  10. オーブンに入れ、13分、あるいは肉に火が通ってジュウジュウと音がするくらい焼けるまで加熱する。
  11. その間にレタスを千切りにし、焼けたらトッピングする。
  12. Enjoy!
(←click!)
このレシピやブログ記事を気に入っていただけたら応援クリックお願いします(*^_^*)

ラフマジュン

「美味しーい!」

トルコやアルメニアなどでは、このラフマジュンを売っているお店がいろんなところにあって、しかも安い軽食なので、よく買って食べていたっけ。「おじさーん、レタスと玉ねぎをもっとたくさん乗せて♪♪」みたく、野菜をたくさん乗せてもらいたくて、甘えたことも言ってきちゃったっけ。それだけこのスパイシー肉ピザの味付けは完璧です。味をつけていない野菜を、もりもりシャクシャクと食べる心地よさ。ああ、私もまた作ろうっと!!

* * *

世界はそのスパイスの使い方を持っています

本企画も、やりがいを持って取り組むと本当に有意義ですね。多くの人にとって美味しいという保証つきの料理をレシピつきで紹介することで、「作る楽しみ」が芽生える一助になり、その結果として自分や家族の好みに合う新しいレシピが見つかっていくという形で誰かの役に立てるならばとても嬉しいです。次回もどうぞお楽しみに☆


スパイスで好き嫌い解消料理レシピ

※本記事は(1)「ハウス食品×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画に参加していること、(2)スパイスをモニター提供されたことに基づき執筆するものです。



* * *

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。