オランダのマスタードスープ「Mosterdsoep」の発音は「モスタチュープ」。

粒マスタードを使って美味しいマスタードスープを作りました。

モスタチュープ

オランダ語では「Mosterdsoep」と書いてモスタチュープと発音します。

このオランダ伝統のスープは、感動しました。こんなにも上品で美味しいスープを自宅で飲めるということに感激したのです。上品であり、優しい味であり、素晴らしく美味しい。粒マスタードと白ワインの上品な酸味と生クリームがこれほど相性が良いだなんて開眼の思いですし、こういった料理を育んできた現地の長い歴史と伝統に感動します。パンと一緒に食べると美味しいです。

でも、発音を知らないうちは「Mosterdsoep」が読めず、そこで、現地の発音を聞いてみることにしました。

* * *

1)Youtube「Groninger mosterdsoep maken」(≫こちら

モスタチュープ

マスタードスープの発音は、
0:10 モスタチュープ

そのほか、マスタードの発音は、2:10 モスタトゥー。

2)Youtube「Mosterdsoep – Naldo’s」(≫こちら

モスタチュープ

マスタードスープの発音は、
0:01 モスタチュープ

そのほか、マスタードの発音は、4:10 モスタトゥ。

* * *

【結果】
マスタードを意味する「Mosterd」の発音は、モスタトゥーとモスタトゥ。どちらも同じ。
「d」は「トゥ」の音で発音されている。

マスタードスープを意味する「Mosterdsoep」の発音は、どちらもモスタチュープ
「ds」は「チュ」の音で発音されている。

【解析】
オランダ語はドイツ語の一派の位置づけであり、ドイツ語同様に、末尾のdはtの音で発音される(例:ドイツ語のお金はGeldと書いてゲルト)。

上の動画でも、マスタードを意味する「Mosterd」の部分の発音は、モスタトゥのように、末尾がtの音で読まれている。しかしそこにスープを意味する「soep」(スープ)が続くと、tとsが縮約して「ts」になり、「チュ」の音が生まれ、マスタードスープを意味する「Mosterdsoep」は「モスタチュープ」になったことが示唆された。

モスタチュープ

モスタチュープのレシピは簡単です。小麦粉をバターやオリーブオイルで炒めて(このときねぎなどの香り良い野菜を炒めてもよい)、ブイヨン(コンソメスープ)、生クリーム、粒マスタードで美味しいクリームスープを作るだけなんです。白ワインを加えて酸味をつけるバージョンが好き。美味しさは冒頭のように感激ものなので、是非作ってみていただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。