やっと来たバチカン市国!!世界一難しい各国料理『バチカン料理』をつきとめたくて。

私は、念願が叶い、やっと聖なる国バチカン市国に来ました。

フライト18時間もきついし時差8時間もきつい。しんどい体に嘘をつくように、それでも私は到着翌朝イチ番からバチカン市国に趣きました。そして、通常の観光客が素敵な芸術品を鑑賞する方向とは逆へと真っ先に進みました。

・・・世界一難しい各国料理、『バチカン料理』に、足を踏み入れたかった。
・・・『バチカン料理』に、理解を深めたかった。
・・・そうして、何よりもこの聖なる国そのものにこそ、私は理解を深めたかったのだと思います。

現地でまず苦戦したのは、全階層が平面に書かれ方向指示も解釈し難い、超見にくい内部地図でした。

? バチカン内の看板に「レストランはこちら」と書いているのにレストランらしきものがない。

? 案内板にないところに謎の飲食店がある。

? そして、今飲食している場所が飲食店リストにない?(職員に尋ねてもここが載っていないと言う)

・・・とにかく、分かりにくい。

でも、その仕組みも解明できた!!!

解明、解明、また解明。
ちゃんと調べれば、ちゃんと分かるものです。
解明してみると、やはり、いろいろつじつまが合っているのです。

そうして私はバチカンで提供されるメニュー表をすべて写真に撮らせてもらえ、人がいない時間に行ったからこそ、随分と会話をしてもらえ、質問にも答えてもらえました。

本当、やれることは全部やったっていう感じです。

そして私のやることは、これをきちんとまとめることです。

【決定版】バチカン美術館の内部にあるカフェ及びレストランに関する完全調査

* * *

バチカン市国の中

写真は、バチカン市国でカフェ!!おかわりまで飲んでます!!
フライト18時間もきつかったし時差マイナス8時間というのもきついし、きついのが顔に出まくりですけれど、でも私はバチカンで大満足!!!

こんなに充実した1日を得られるなんて、幸せです。
連れてきてくれた主人にもとても感謝しています。ありがとうv

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。