ベンガル語フォントは、VrindaとShonaer Banglaのほか、Arial unicode MS、NikoshLightBAN。

私は、掲載する世界の料理の写真には、その国の言葉の文字で料理名を入れています。

ベンガル語

しかし今日は、ベンガル語という、世界の狭い範囲でしか使われていない文字の表示に行き詰りました。そこで、私のPC環境で確認できたベンガルフォントの使用の環境についてメモ書きです。

* * *

IEエクスプローラーで見たところ、「Shonaer Bangla」と「Vrinda」がベンガル語フォントとして標準搭載されていました。

ベンガル語

しかしひとつひとつ表示を試みたところ、VrindaとShonaer Banglaのほか、Arial unicode MS、NikoshLightBANもベンガル語表示できました。

* * *

写真はポラオというバングラデシュ料理です。この文字は日本人にはとっつきにくいのだけれど、これからも、ベンガル人の料理を作ったときは、この表記をしていこうと思います。
(この写真のフォントはVrinda使用)

ベンガル語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。