キリバス料理

[last update 2018/10/01]

+++新着+++

  • ページを新規作成し、「基礎情報」、「地図」、「本文はじめ」、「Link」の項を記載しました(今後の投稿は、魚のおかずなどを予定しています)。

【基礎情報】

国名:キリバス共和国Republic of Kiribati、首都:タラワ、ISO3166-1国コード:KI/KIR、独立国(1979年英国より)、公用語:英語、キリバス語、通貨:オーストラリアドル

▲目次に戻る


【地図】

キリバスは太平洋の広範囲を海域としてもつ国です。海域は、北から時計回りに、ハワイ(米国)、仏領ポリネシア、クック、トケラウ、ツバル、ナウル、ミクロネシア連邦、マーシャルと接しています。

▲目次に戻る


◆伝統料理をたくさん残した国。国民食はフィッシュライス。

キリバスへ旅し、上空から首都タラワが見えてくると、海の色の美しさに感激し、そして国土のなさ(あまりの細長さ)に驚き、作物も育たなさそうな土地に人が住んできたことに感動すら覚えます。キリバスは首都でさえ、葉っぱの屋根の壁のない家屋に、裸足で歩く人々に、庭先で火を起こす屋外キッチンといった伝統風景が広がります。スーパーや商店は物資が少なくてキリバスのもつ海域は非常に広い。つまり彼らは自分たちで魚を獲っていて、今も魚をよく食べているのです。キリバスは、本来太平洋の民が培ってきた魚文化が一番残っている国かもしれません。

キリバス
キリバスの主島。美しい楽園。見れば見るほど食文化が理解できます。(撮影地タラワ上空)

「ミクロネシア」という範囲は、大雑把に言うと太平洋の島々の北半分(アジアや米国の島を除く)で、ミクロネシアの東の端に位置するキリバスは、日本から最も遠いミクロネシアの島国です。ユーラシア大陸からも遠い上、その東には延々と島すらない大海が続くため、北米大陸からも遠い。その隔離性、さらにキリバス国内にも離島が数多くあるため、キリバスは英領時代は核実験場でした。日本もキリバスをスペースシャトル実験場として利用したことがあります。それほどに、地理的に「隔絶された島々」であることが、キリバスを理解するための前提となります。

ミクロネシア7か国のうち5か国(パラオ、グアム、北マリアナ、ミクロネシア連邦、マーシャル)が米国つながり(米領または元米国信託統治領)で、残り2者(ナウルとキリバス)が英国つながり(英連邦)。ここが結構ポイントで、キリバスはオーストラリアフィジー(どちらも英連邦)との経済的つながりが大きいことが、食文化にも反映されています。キリバスの通貨はオーストラリアドルですし、輸入食料はオーストラリアフィジーから運ばれるものが多い。一方でキリバスでは中国人経営の飲食店が目立ち、中国人がミクロネシア人の好む料理(フィッシュライスなど)を作っています。これらの点から、キリバスの食文化はナウルの食文化に近いと言えます。隣国かつ英連邦同士で民族はどちらもミクロネシアン。似ていて不思議はありません。

キリバスもナウルも不便な場所にある田舎の国。日本だってそうですよね、山間部や離島など不便な場所の村落では物を買う場所も取り扱い商品も少なく、交通も物流も不便であることは否めません。ナウルはリン鉱石産業でかつて世界一豊かな国になることができましたが、対照的にキリバスは今も伝統生活が強く残っています。

キリバスの地元の人の生活用水は多くが井戸水と雨水で、雨水タンクを持っている人は「いい水よ」と自慢してくれます。そして庭先などでココナッツを燃やして火を起こして調理する光景をよく見かけます。キリバス人のことをキリバス語で「イキリバス」と言うのですが、「イキリバスフードといえば何?」と聞くと皆さん即答でフィッシュ(魚)と答えてくれます。

この国はローフィッシュ(生の魚)が国民食。私はこれだけローフィッシュがあちこちにあふれる国を、世界240か国目の渡航にして初めて見た。「え?」と思うところでローフィッシュ登場。日本じゃ衛生上許可が出ないような、路上の惣菜売りとか、屋台とか、南国で暑いのに、しかも氷なんて用意していないのに、そんなところで普通に生魚の軽食や弁当を売っていたりするのです。またナウル同様、中国人経営の飲食店が多いのだけど、中国人の店でも魚メニューが主体で、注文すると「クックハーフ?」(さっと炒めるだけにして魚は半生で食べるかい?)とよく聞かれます。何でも火を通して食べる中国人には普通ない発想です。このようにキリバス人が魚を愛し、魚を知り尽くす民族だから、キリバスの魚料理は生あるいは半生でも、冷蔵設備があってもなくても、安全で美味しく魚料理が食べられるのだと思うのです。

私個人によるリサーチ結果ですが、イキリバスの人気料理第一位はローフィッシュライス(あるいはそのクックハーフ)、第二位はフライフィッシュ、第三位はフィッシュスープでした。要は、味付け刺身丼(あるいは魚の半生炒め丼)、揚げ魚、魚汁です。美味しそうでしょ。それらが主食の米(ごはん)と共に、ココナッツミルク味だったり中国の影響の味付けで出てくるので、日本人好みの味の料理にたくさん出会えます。

どうでしょう、食文化が、ナウルに似ていませんか? そして何より、伝統の残る楽園キリバスへ旅したくなりませんか?
▲目次に戻る


Link

▲目次に戻る


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。