仏領ポリネシア料理

[last update 2017/10/25]

+++新着+++


【基礎情報】

国名:仏領ポリネシアFrench Polynesia、首都:パペーテ、ISO3166-1国コード:PF/PYF、非独立国(フランス領)、公用語:フランス語、通貨:パシフィックフラン

▲目次に戻る


【地図】

仏領ポリネシアは、ハワイの真南に位置する太平洋の島嶼群です。海域は、東にピトケアン、西にクック、北にキリバスと接しています。

▲目次に戻る


◆伝統的なポリネシア料理と長年のフランスの支配の融合

ニュージーランド-ハワイ(米国)-イースター島(チリ)をつなぐ線は「ポリネシアの大三角形」と呼ばれ、その内側には仏領ポリネシアを含め、ポリネシア人の国が多数あります。国や地域が違ってもポリネシア人の料理は似ているとは言いますが、今や、ハワイ料理が大きく米国ナイズされたように、仏領ポリネシアは国民の日常会話も標識もフランス語が主であるほど、文化全体にフランスの影響が強く流入しています。その点で、仏領ポリネシア料理は、他のポリネシアの国の料理とは随分と違う様相を見せています。

仏領ポリネシアのマグロ
トン(マグロ肉)は仏領ポリネシア料理の主要食材です。(撮影地パペーテ)

ポリネシア11か国の過半数となる7か国が元英領国家で、残りのうち2つ(仏領ポリネシアとウォーリスフツナ)は現在もフランス領です。仏領ポリネシアの場合は、1842年にフランスが保護区を設けて以来ずっとフランスの支配を受けています。なお日本人はこの国を「タヒチ」という呼ぶ人が多いのですが、タヒチは国名ではなく、「仏領ポリネシア」を構成する多数の島のうちの1つ、国際線が就航する主島の名称です。

仏領ポリネシアにはポリネシア系の地元の言葉もありますが、2012年の国勢調査では15歳以上人口の約70%が家庭内でもフランス語を話し、なおかつその数字は2007年調査よりも増加しています。それほどフランス語が浸透した国なので、現地に行くと、言葉も標識も、食堂のメニュー表記も、あれもこれもフランス語です。同様に、食文化もフランスの影響を随分と受けています。

フランス料理の美味しさといえば、日本だったら高級レストランのシェフの作る美食がイメージされますが、フランスやフランス領国家に行けば「基本的なものが美味しい」という実感に変わります。例えば毎朝の焼き立てのバゲット(フランスパン)が至極美味。フランス人にとって基本的な食材(バゲットなど)は安価で安定している(政府が公定価格を安価に維持している)上、フランスから続々輸入されるワインやチーズやバターやオリーブがある。ポリネシア人の基本的な食材(果物、ココナッツ、魚など)も今も根付いている。だけどそれら地元の食材はレストランに行けばフランス風にアレンジされてこれまた美味。・・そういう美味たる融合があるから、仏領ポリネシア料理(及びウォーリスフツナ料理)は、ポリネシアの中では垢抜けて美味しいと感じられます。

もちろん、多数の島がある仏領ポリネシアでは、観光客が多く訪れてインターナショナルなタヒチ島やボラボラ島もあれば、辺鄙な田舎の離島も多数ある。私は幸いに、前者のタヒチ島とモーレア島と、後者に属するマンガレバ島の両方を旅して、とても面白かった。そんな、多数の島があるがゆえの多様さも含めて、この国の料理は、面白く、素晴らしく、興味深いこと尽くしです。
▲目次に戻る

主食 Staple

仏領ポリネシアの伝統的な主食は、南国の暑い気候のもとで育つ食材です。フェイ(食用バナナ)、ウル(パンの木の実、別名フリュドゥパン)、タロ(タロイモ)、ウフィ(ヤム芋)、ウマラ(サツマイモ)、マニオク(キャッサバ芋)など。ウルはメロンサイズの木の実をたき火で焼いて(庭がない家では水煮)、黒焦げの皮をはぎ取って中のホクホクの部分を食べます。「パン」の木という名前はついていますが、食感はイモに近いです。

先述のバゲットも仏領ポリネシアの基本的な主食です。物価の高い国ですがバゲットは安く、離島の小さなマガザン(商店)でも朝の焼き立てバゲットが陳列されています。クロワッサン(三日月形のロールパン)も人気です。

また、国内には中国人(人口の12%)がフランス人(10%)より多く、今やポリネシア人が調理する食堂でもリカントネ(焼き飯)が出されるほど、中国の料理も広まっています。
▲目次に戻る

魚介のおかず Seafood

仏領ポリネシアはトン(マグロ)の産地で、生食用のものがスーパーや市場で売られています。トンには2種類あり、トンルージュ(赤身のマグロ、高いが刺身に良い)とトンブラン(マリネに向く赤みの少ないマグロ)があります。新鮮な魚の肉を薄切りにした日本式の料理はサシミと言います。面白いのはソスサシミ各種で、トマト味、柑橘味、ピーナッツ味、中華味などがあり、わさび醤油一辺倒の日本人が驚く味の各種のタレを添えて刺身を食べるのです。

仏領ポリネシア名物の筆頭に挙げられるのは、おそらくポワソンクリュ(ポワソン=魚、クリュ=生)という、生のマグロの刺身(他の魚肉でも代用可)にレモンやライムの果汁をふり、野菜の細切りを混ぜてココナッツミルクをかけたマリネです。辺鄙な離島に行くと野菜は玉ねぎだけということも多いのですが、物資の多い島ではキャベツ、きゅうり、にんじんなども入って賑やかです。

他の魚介類には、パフア(シャコ貝)、マヒマヒまたはメイメイ(シイラ)、カベウまたはアベウ(ヤシガニ)などがあります。家庭では、魚介類はツヌパペ(水煮、ツヌ=料理、パペ=水)やフライパニ(フライパンで揚げ焼き)にて調理されます。
▲目次に戻る


料理名一覧 Food & Drink Glossary

【主食類】
  • ウフィ(Ufi)・・・ヤム芋
  • ウマラ(Umara)・・・サツマイモ
  • ウル(Uru)・・・パンの木の実
  • クロワッサン(Croissant)・・・三日月型ロールパン
  • タロ(Taro)・・・タロイモ
  • バゲット(Baguette)・・・フランスパン
  • フェイ(Fei)・・・食用バナナ
  • フリュドゥパン(Fruits de pain)・・・パンの木の実
  • マニオク(Manioc)・・・キャッサバ芋
  • リカントネ(Riz cantonnais)・・・焼き飯
【魚介の種類と魚介のおかず】
  • アベウ・・・ヤシガニ
  • カベウ・・・ヤシガニ
  • サシミ(Sashimi)・・・刺身
  • ソスサシミ(Sauce sashimi)・・・刺身用のタレ各種
  • トン(Thon)・・・マグロ
    • トンルージュ(Thon Rouge)・・・赤身のマグロ肉
    • トンブラン(Thon Blanc)・・・赤みの薄いマグロ肉
  • パフア・・・シャコ貝
  • ポワソンクリュ(Poisson Cru)・・・刺身のレモンと野菜とココナッツミルク和え
  • マヒマヒ(Mahimahi)・・・シイラ
  • メイメイ(Mahimahi)・・・シイラ
【調理法】
  • ツヌパペ(Tunu pape)・・・水煮
  • フライパニ(Furaipani)・・・フライパンで揚げ焼き

▲目次に戻る


Link

▲目次に戻る


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。