アゼルバイジャン料理

[last update 2018/11/02]

+++新着+++

  • ページを新規作成し、「基礎情報」、「地図」、「本文はじめ」、「Link」の項を記載しました(今後の投稿は、肉のおかず、魚介類のおかずなどを予定しています)。

【基礎情報】

国名:アゼルバイジャンRepublic of Azerbaijan、首都:バクー、ISO3166-1国コード:AZ、独立国(1991年ソ連崩壊)、公用語:アゼルバイジャン語、通貨:マナト

▲目次に戻る


【地図】

アゼルバイジャンはコーカサスの国で、東側がカスピ海に面しています。北にロシア連邦ダゲスタン共和国、北西にジョージア(グルジア)、西にアルメニア、南にイランと接し、アルメニアのむこうに自国の飛び地であるナヒチェバンをもち、ナヒチェバンはさらにトルコと接しています。

▲目次に戻る


◆アゼルバイジャン料理は、豊かさを増したテュルクの食文化

アゼルバイジャン料理の特徴は、多くの文化要素がもたらされ、豊富な自然の産物で構成されていることです。アゼルバイジャン人はテュルク系の民族です。テュルクの遊牧の食文化は肉や乳をもたらし、コーカサス山塊の食文化とあいまって乳製品の使用が発達し、更にペルシャの農耕の文化は小麦や米や野菜やハーブを恵みます。そしてカスピ海があるから魚やキャビアもあり、温暖な気候ゆえ果物もナッツも日常食です。ハーブを刻んだ素晴らしい香りの料理が多く、アゼルバイジャン料理はとても豊かだなと感じます。

*アルツァフ共和国(2017年以前のナゴルノカラバフ共和国)は、独立宣言をした上で非独立3か国にのみ承認されている国家です。実質はアルメニアですが、国際的承認のもとではアゼルバイジャン内の自治共和国という地域です。ISO3166国コードを有さない(あるいはAZ:アゼルバイジャンに属する)ことから、当サイトでは、アルツァフを一か国としてみなさず、ナヒチェバンと並んでアゼルバイジャンの一地域として取り扱います。

アゼルバイジャン料理
名物料理はカスピ海で獲れる魚です。魚はバルックと総称します。(撮影地バクー)

「アゼルバイジャン料理」と聞いても、日本人は普通は訪れる機会のない国で、馴染みが薄く、なかなかピンとこないものです。

アゼルバイジャンの理解の入り口は、まず「コーカサス」の概念から。

航空写真を見てみると、黒海とカスピ海をつなぐように東西に雪山の白い色が連なります。これがヨーロッパ最高峰エルブルス山で知られるコーカサス山脈で、その北側(北コーカサス)はロシアの各共和国群(北オセチアやチェチェンなど)が並び、南側(南コーカサス)はジョージア(グルジア)、アルメニア、アゼルバイジャンがあります。民族紛争の絶えない地域という印象を持つ人も少なくないでしょう。

トルコ料理のページにも書きましたが、「トルコ人はもともと今のトルコにはいなかった」。彼らは、古くは今のモンゴルのあたりから西へ西へとユーラシア大陸を移動していったテュルク系遊牧民が起源です。今のアゼルバイジャン人が分布する地域はテュルク西進の通過点で、古くはペルシャの支配やアラブの征服ののち、11世紀頃から住民のテュルク化が進みました。アゼルバイジャン語はテュルク系の言語ですからアゼルバイジャン人の文化的基盤はテュルクの文化です。料理の点でも、アゼルバイジャン料理はトルコ料理にとても似ています。

次に「アゼルバイジャン人」の理解へ。以下はざっとした数値ですが、

  • アゼルバイジャン人は3000万人
  • アゼルバイジャンの人口は1000万人
  • アゼルバイジャンのアゼルバイジャン人は900万人
  • イランのアゼルバイジャン人は2000万人

・・・これがどういうことかというと・・・。

「アゼルバイジャン人」の主要分布地域は、現在のアゼルバイジャン共和国の本体と飛び地のナヒチェバンとイラン北部です。19世紀初頭、国土拡大を是とするロシアがコーカサス地方を支配するときに制定された国境線が、大多数のアゼルバイジャン人を残したペルシャ(イラン)と、その後ソビエト連邦構成体となるアゼルバイジャン共和国とを切り離します(ついでにこの線引きが飛び地のナヒチェバンを生みます)。

つまり、アゼルバイジャンはアゼルバイジャン人が大多数を占める国だけど、アゼルバイジャン人の大半はイランに居住している。つまりアゼルバイジャン人の文化は相当イランに広がり、イランの文化が相当アゼルバイジャン人に根付いている。これ、重要なことだと思います。実際、アゼルバイジャン料理には、イラン料理との共通点が多数見いだされます。

コーカサスって本当に難しいですよね。特にアゼルバイジャンは、その地理上、多くの勢力が東奔西走、南進北進した舞台です。でも、だからこそ、1)コーカサスの土地柄に、2)アゼルバイジャン人を形成する基礎となったテュルクに、3)アゼルバイジャン人が多いペルシャ(イラン)、それから4)ロシア/ソ連の影響も入り、多くの文化要素がもたらされました。そうして「肉と乳」を基礎とするテュルクの食文化はここではとても豊かなものになりました。産油国であることもアゼルバイジャン料理の豊かさに輪をかけていることでしょう。

以上、アゼルバイジャンとアゼルバイジャン料理を理解するための概要を紹介しました。以下各論では、項目別にアゼルバイジャン料理を詳解していく予定です。
▲目次に戻る


Link

▲目次に戻る


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。