ザワークラウト

ザワークラウト、カプスタキショナ、ドイツ料理、ポーランド料理、他、発酵キャベツ

ザワークラウト

発酵キャベツは、ドイツ料理としてあまりに有名ですが、ヨーロッパのいたるところで普遍的に作られています。キャベツと塩と少々の寒冷地ハーブだけで作る、本物のレシピです。
材料:

キャベツ・・・500g
・・・5g
ディルの葉・・・あれば好きな量
調理時間:(発酵時間を除く)
作り方:

  1. キャベツの葉を1枚残して千切りにする。太い芯の部分は除いてよい。
  2. ボウルに千切りキャベツと塩を入れ、泡だて器、麺棒、ビンの底などを使って、上からドンドンと叩きつけて、繊維を壊す。
  3. 漬ける容器(漬物つぼなど)、ディルと一緒に入れ、キャベツの葉で上面を覆い、重石を乗せる。最初はなるべく重くなるように、水を入れたペットボトルなどを足してもよい。
  4. 水が出てきたら、ペットボトルの追加重石を取って、フタをする。
  5. 数日あるいは数週間、酸っぱくなるのを楽しみに、発酵を続ける。
  6. Enjoy!
こつは:
・キャベツの量がどれだけであっても、塩は1%、と覚えれば作りやすいです。
・キャラウェイシードなどを加えるレシピもありますが、ここは、いろいろな料理に使いやすいように、シンプルに作りました。
・酸味が出たら、ビンに移して冷蔵庫に入れると保存しやすいです。
・ディルはウイキョウの葉でも代用できます(すごくよく似ているハーブなので)。

Tips about cuisine

・ドイツ語では、ザワークラウトと呼ぶ。綴りは「Sauerkraut」。
・フルバツカ語(クロアチアの言葉)では、キセリクプスと呼ぶ。綴りは「Kiseli kupus」。
・ポーランド語では、カプスタキショナやカプスタクファショナ等と呼ぶ。綴りは「Kapusta kiszona」や「Kapusta kwaszona」。
・ドイツでは、通常温かい状態で食べられる。



本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です