「だしとスパイス×世界の料理」~カラマリ編~

カラマリ

今日のテーマは、「だしとスパイス×(かける)世界の料理」です。

<全3記事で、コース料理になります♪>
ボラニバンジャン【前回記事】【1st dish、野菜のごちそう】
「だしとスパイス×世界の料理」~ボラニバンジャン編~

カラマリ【今回記事】【2nd dish、魚介のごちそう】
「だしとスパイス×世界の料理」~カラマリ編~

【次回記事】【main dish】?????

世界を旅して、私はこれまでたくさんのホームステイをしてきました。一緒に料理を作ることが多いのだけど、でもときに、外国人は日本の「だし」の味を理解しません

カナダでホームステイをして「和食を作って」と頼まれてかつ丼を作った日。彼ら、だしで煮込まれたトンカツに不思議な顔をし、一方でトンカツにバーベキューソースとケチャップをかけるとガッツリ食べるんですね。フランス人のおねーちゃんも「卵焼きに魚の風味は嫌だわぁ」と、日本の旅館で食べたというだしまき卵の思い出を語っていましたっけ。

だから、日本人が突然だしと縁を切って世界の料理に入ることや、外国人をだしがものを言う日本料理の世界にいきなり入れることは、距離がありすぎるかもしれない。これは私が長年抱いてきた葛藤であり、いつか克服したいと思ってきた課題です。

* * *

今回、株式会社にんべん(≫こちら)の「だしとスパイスの魔法シリーズ」(≫こちら)の商品を3品受領しました。その味は、日本人には「いつもの味だけど外国の味」、外国人には「食べ慣れた味でもジャパニーズテイスト」と思ってもらえる味。さっき述べた「日本の料理と外国人の味覚の長すぎる距離」に対し、ちょうど中間点で着地してくれる良い存在だったのです。

* * *

さあギリシャ料理♪
「だしとスパイス×(かける)ギリシャのカラマリ♪」です♪

カラマリ

だしとスパイス使用商品は左のものです。
【だしとスパイスの魔法シリーズ】『白身魚のレモンソテー』
スパイスにはセージ・ジンジャー・ガーリック使用。

なお、今回の投稿テーマ条件には、5つのキーワードが掲げられています
『手軽に』『パパッと』『ごちそう』『簡単』『華やか』
…素敵ですね♡

私が上記商品を使う世界の料理にギリシャのカラマリを選んだ理由は、

  1. 『ごちそう』…コース料理の「2nd dish」のイメージで魚介のごちそうを作りたいと思いました。今が旬の剣崎イカを使ってイカが主役の料理を作りたいと思いました。
  2. 『手軽に』…包丁で切るのはイカだけ♪
  3. 『パパッと』イカを湯に浸すだけ♪
  4. 『簡単』…湯に浸すだけ。だから失敗しない。
  5. 『華やか』…イカが美味しそうでレモンを添えて、見るだけでごちそうです!

…このように、ギリシャのカラマリは、『手軽に』、『パパッと』、『ごちそう』、『簡単』、『華やか』という5要素をクリアしてくれます。

* * *

レシピは簡単です♪

heart『だしとスパイス×ギリシャのカラマリ♪』
材料(4人分):

1 L
イカ
1はい(※1)
調味液(※2)
1袋(※2)
大2
レモン
1/3個
スパイス(※2)
1袋(※2)
オリーブオイル
大1
小1/3

※1:今回は剣先イカを使いました。
※2:【だしとスパイスの魔法シリーズ】『白身魚のレモンソテー』に含まれます。

作業工程:15 分

  1. 鍋に水を入れて沸かす。沸かしている間にイカの中骨、ワタ、クチバシ、目など食べない部分を取り除き、食べやすい大きさに切る。
  2. イカを鍋の熱湯に入れ、フタをして10分置いておく。
  3. その間に、盛り付ける器に調味液と酢を入れて混ぜ、レモンを2等分(1つ1/6個分のサイズ)に切っておく。
  4. ゆであがったイカをいったんザルにあげて水気を切ってからボウルに入れ、スパイス、オリーブオイル、塩を加えて混ぜる。
  5. イカとレモンを器に盛り付けて出来上がり。
  6. Enjoy!
(←click!)
このレシピやブログ記事を気に入っていただけたら応援クリックお願いします(*^_^*)

段取りを図示しました(私はワード作画が大好きなのです♡)。
ほら、実に、簡単って思えませんか?

カラマリ

* * *

出来た♡ 美味しそう♡

カラマリ

カラマリは、ゆでたイカにオリーブオイルや酸味でいただく、シンプルでも極上の素晴らしい料理です。

製品の、
スパイスはボイルしたイカにふりかけて。
調味液は酢とあわせてソースにして。

取り皿にとってみました。

カラマリ

黄色がかったクリアな美しいソース。そして、煮立てないでゆでたイカはふっくらふわふわと柔らかく、酢でキリっと引き締まるソースは、ギリシャの青い海の見えるレストランで食べたカラマリを思い出します。しかしそこには、シンプルだからこそ、だしの風味を豊かに感じ、「うわっ…美味しい何これ…」と、食べて目が丸くなる思いでした。かつおだしとオリーブオイル、そこにイカの味が移ったソースが至極美味で、パンに吸わせていただきました。

* * *

今日のテーマは、「だしとスパイス×(かける)世界の料理~カラマリ編」

日本人が世界の料理へ幅を広げるのにも、外国人に日本のだし文化を楽しんでもらうにも、ちょうど2つをつなぐ架け橋の料理となりました。私がいつか克服したいと思う課題が、ひとつ形になって乗り越えられたという想いで、とても嬉しいです。

※本記事は(1)モニターコラボ広告企画に参加していること、(2)当該商品をモニタープレゼントされたことに基づき執筆するものです。

フーディストアワード2020
「フーディストアワード2020レシピ&フォトコンテスト」参加中。



* * *

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。