インドで見て欲しくなった、生地をのばす大理石の板

今日の記事タイトルは、インドで見て欲しくなった、生地をのばす大理石の板です。

ところで「インド」と言ってその形状を詳細に思い出せる人ってなかなかいないんじゃないかな。私もそうです。そこで今日は、

「しゃーない、地図、自分で描いてみよう♪」

と、一念発起。「インドが苦手」といつまでも逃げていてもダメだしね。

インドの形もよく分からないからこそ地図を自分で描いて、インドの地理を身に着けようと思いました。国境線のみならず、インドの理解を深めるために州境線もカシミールの管理ラインも書きました。

* * *

インドの地図です。この逆三角形が印象的で一見覚えやすいですね。

インド

しかしインドは逆三角形ではありません。東部、バングラデシュを乗り越えて、細くつながって、インド東北7州がその東に連結しています

インド

インド東北7州の主要中心都市は、アッサム州のグワハティです。

インド東北7州はなかなか旅行者を受け入れない地域でしたが、旅行者に開放されつつある中、インド東北7州で唯一最後まで許可書を取らねば入れないのがアルナチャルプラデシュ州です

下図ピンクがアルナチャルプラデシュ州。ネパール、ブータンと並んでいることから分かるように、ヒマラヤ山脈の南麓です。インドビザを持っていても立ち入れない地域。中心都市はイタナガル

インド

* * *

イタナガルはこんな街でした。

イタナガル

ここでね、いいのを見たんです!!

下の写真はインドのよくある朝ごはん、「プリサブジ」。

イタナガル

プリはぷっくりした風船のような揚げパンです。こうやってシンプルカレーソース -サブジと呼ぶ- をつけて食べます。料金はプリにかかるので、「サブジっ!」って言うとカレーは無料でおかわりできます♪

わあ♡ マーブル(大理石)の石だ~。

イタナガル

小さな食堂では調理も見学できるから、ワクワクしますね!! 今プリの生地を延ばしていますが、いいなぁ、大理石の板がとてもいい! 大理石の上で生地を延ばすと打ち粉も要らないのが良いです。

きれい。なめらか、くっつかず、べとつかず。

イタナガル

打ち粉不要で、そのまま揚げる。

イタナガル

いいなあ。打ち粉が要らないと揚げ油が傷みにくくていいんだよね。私もやってみたいな、これ。

・・・というわけで、私は、このイタナガルの小さな食堂で心を動かされました。小麦粉の生地を延ばすための大理石の板がすっごく欲しくなったのです。

* * *

帰国し、帰宅したら、思い出しましたよ。フフフ、家に使っていない大理石の板がありましたよ。

大理石

花瓶敷きだと思います(多分)。大理石だと思います(多分)。でもうちでは使っていなかったので、料理用に転用しましょう。

フッフッフ。やっぱりいい!これ!

大理石

なめらかで、すべらかで、完璧! パーフェクト!

この写真ではサモサの皮を延ばしています。打ち粉なしでここまでできると、世界が変わります餃子やペリメニの皮を延ばすときももちろん使えるので、使用頻度は結構あります。

タイトルの、「インドで見て欲しくなった、生地を延ばす大理石の板」が、実際に我が家にも登場しました。大感激です。旅に出なかったら暮らしが良くなるきっかけすら得られなかったと思うから、旅は素敵です。

* * *

イタナガル。
アルナチャルプラデシュ

インド

インドの秘境と言える場所。

もはや、ここに来ただけでもすごいことなのに・・・。

さあ今から、アルナチャルプラデシュを内部へ入っていきましょう。

イタナガル

いいねー。
ジロ、ボンディラ、タワン!!!

夢の旅は、まだ続くのでした。



* * *

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。