さといも

さといもは、私が毎年栽培している作物です。

さといも

栽培条件は悪いんですよ。4月に植えて、食べるのは1月とか2月。その上作付面積が広いから、畑の広い部分を長いこと占有します。なのに連作障害がきついので、場所を数年間重ならないようにしなければならず、ただでさえ植える場所を決めるのが困難なのに、さといもを作付け場所の最優先にせざるを得ないという。

そのうえ、水が好きだが水はけが必要とか、越冬するには深~~く穴を掘ってもみがらと一緒に埋めなければいけないとか。食べるにあたっても、大物だから収穫は大変だし、あのでこぼこから泥を落とすのは大変だし、根っこを切るのは大変。食べるのは冬だから、さといもを掘ったり洗ったりする作業は水が冷たくて嫌!!・・・と、本当に大変な作物なのです。

* * *

さて、自分でいろいろな野菜を育ててみて、野菜の味は大きく2つに分かれます。当然ですが、1)スーパーで買うものとさほど味が変わらないもの、2)スーパーで買うものと味がぜんぜん違うもの、の2つです。

さといもは後者の筆頭です

「なんでスーパーで売ってるさといもって、あんなに味がないんだろうね。」というのが、うちでさといもを食べていった人の感想です。私は収穫時期に我が家に来てくれた客人には、さといもをただふかしただけの状態で、塩だけチョンとつけて食べるおかずをお出しするのです。

さといも

本当に美味しい。嬉しい、美味しい。

もとは、私がここに越してきた直後に遊びに来てくれた友人が、京イモと石川早生の種イモを持ってきてくれたことが栽培のきっかけです。その後も種イモは買わず、子イモを春まで保存して、春にまた栽培を開始して、毎年さといもを栽培するに至っています。

大変な作物ではありますが、それでも日本中の家庭菜園で栽培されているのは、皆さんそれでもさといもを手放せないのです。ほんと、この味を知ってしまったら、誰だってそうなりますよね?

また、「世界の料理」を作っていると、特に太平洋料理やミクロネシア料理などで、タロイモを調理したいときが生じます。そのときには、タロイモに良く似た出来映えになる京いもタイプのさといも(親芋)が便利です!!



* * *

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。