アゼルバイジャン語の「Ә」のカタカナ表記は、基本として「エ」、あるいは「ア」。

アゼルバイジャン料理をアゼルバイジャン語のページで見ていた。(≫こちら

おいしそーv

アゼルバイジャン

見ていると、いたるところに「Ә」の文字が出てきます。

「Ә」はあいまい母音によく使われる文字ですが、さあこれを日本語カタカナ表記にする場合、どうしていこうかな。アゼルバイジャン語にとりかかるいい機会でもあるので、勉強してみました。

* * *

英語Wikipedia「Azerbaijani language」(≫こちら

アゼルバイジャン

IPAで「æ」と置いており、ペルシャ語使用時代の表記では「ا」や「ە」。これだと、カタカナ表記は「エ」にも「ア」にも出来る。…(1)

日本語Wikipedia「アゼルバイジャン語」(≫こちら

アゼルバイジャン

「Ә」の発音は([æ]を添えた上で)「エ」としている。…(2)

あ、今気付いた。何よりも、「アルバイジャン」のアゼルバイジャン語の表記が「Azərbaycan」じゃないですか。

でも、他の「Ә」使用かつ日本語定着単語を探していくと、例えば都市ブリーズの綴りは「Təbriz」になっています。発音記号が[tæbˈɾiːz]なので、日本語カタカナ表記にするとテブリーズにもタブリーズにもなりえるところ、日本語ではタブリーズで定着しているのですね。

よって、「Ә」が「ア」になるか「エ」になるかは、その文字を含む単語の通常の発音のされ方によって揺らぎがあるのだ。これはペルシャ語との共通点である。アラビア語もそう。だから、今後出会う料理名に「Ә」が含まれる場合、それが「ア」になるか「エ」になるかは、ひとつのヒントとして、周辺国での読み方が参考にはなると思う。

<結論>
「Ә」は、上記(1)に書いたように、「カタカナ表記は「エ」にも「ア」にも出来る」ことを大前提とする。「Azərbaycan」が「アルバイジャン」であるのと、上記(2)に沿って、読み方が不明である場合は、「Ә」は「エ」として読んでみようと思う。しかし上のブリーズのように「Ә」がアの音で置かれるほうが一般的だと分かる場合は、それに積極的に従って表記していこうと思う。アなのかエなのか、どちらの読み方なのかが分からないときは、周辺地域の発音も参考にしようと思う。

* * *

・・・そーいえば。

アゼルバイジャン

通貨単位も「ケピック」だったなぁ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。