お気に入りの朝食はオーストラリアやクリスマスで人気のトースティー/ジャッフルです。

日本語で「ホットサンド」。海外ではトースティーやジャッフルなどの名称で呼ばれます。
我が家では、(食パンがある日の)朝食に頻繁に登場するのがこのホットサンドです♪

ホットサンド

<利点、良い点>

  • ホッカホッカ。温かい食事だから美味しい。
  • 野菜をぎゅっと詰め込めるから美味しい。
  • 卵やハムを入れるから美味しい。
  • 焼く間は完全に手が離れる(洗濯物でも掃除でもしていればいい)。
  • 洗い物が出ない。
  • バターもジャムも油も要らない。
  • 出来立てのアツアツを食べられるから美味しい。
  • 省電力。

…etc♪

トースティーを食べたのが豪領クリスマスでした。
ジャッフルを食べたのがオーストラリアでした。
同じ料理ですが、ところ変わって呼び方も変わるという感じでしょうか。

お手軽なこの食事は、やはりオージー(オーストラリア人)が好む感じではあります。サンドイッチが英国由来であるゆえ、アングロサクソン系の民族が好む料理なのでしょうか。

* * *

今回、モニターでいただいた、主に東南アジア方面の風味を濃縮した「クッキングペースト」を使って、『ガパオの風味の卵と水菜のホットサンド』を作りました。

東南アジアの味を出すのは、やはり特殊な材料を多数組み合わせなければならないので気軽には出来ないところ、マヨネーズを絞るのと同じ楽チンさで東南アジアの風味が得られるのは、面白いし、便利です。

『ガパオ』は、タイのハーブ(バジルに似ている)をひき肉と一緒に炒めた料理で、目玉焼きをよく合わせていただきます。卵とガパオの相性は最高級!!よって、このホットサンドも、結論としては、卵の味わいにガパオペーストの風味が非常に合っていて、美味しかったです。

ホットサンド

ホットサンド

ホットサンド

ホットサンド

heart『ガパオの風味の卵と水菜のホットサンド♪』
材料(1人分):

食パン(8枚切り)
2枚
ガパオペースト(※)
小2/3
1個
水菜
刻んでひとつかみ

※エスニックガーデン、クッキングペースト使用

作業工程:10 分

  1. ホットサンドメーカー予熱開始。
  2. ホットサンドメーカーに食パンを1枚乗せる。
  3. 食パンの片方(卵と接する面)にガパオペーストを塗る。
  4. 卵を乗せる。こぼれるのが心配な場合は先に目玉焼きを作ってから乗せればよい。
  5. 刻んだ水菜をひとつかみ乗せて、食パンを乗せて、ホットサンドメーカーを閉じて、10分ほど焼く。
  6. パンの表面に焼き色がついたら出来上がり。
  7. Enjoy!
(←click!)
このレシピやブログ記事を気に入っていただけたら応援クリックお願いします(*^_^*)

お気に入りの朝食はトースティー/ジャッフルです。

忙しい日も、これ、最高です。
寒い日も、これ、最高です。
(寒いのが苦手なので、温かい食事の有難みから、そう思います)。

あとは、自家製継代のカスピ海ヨーグルトと、名水でドリップするコーヒーがあれば。

美味しいし、新鮮野菜を詰め込める楽しさがあるし、調理中は手から離れてくれるし、洗い物は出ないし、なんというか、アングロサクソンの知恵は、忙しい現代人に合っているような気がします。オーストラリアでホームステイをしていたとき、朝から姉さんたちが「ジャッフルジャッフル」と言っていたのを、今も覚えています。

きっと春も夏も我が家はトースティー/ジャッフルの朝食を四季折々の野菜と共に楽しんでいくのだろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。