パッガパオ

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイスアンバサダー2020】

スパイスアンバサダーレシピ
使用スパイス:あらびき唐辛子
チリペパー

  • :タイ料理

  • 現地表記

    :ผัดกะเพรา(タイ語)

  • 概要

    :ひき肉とタイバジルの炒め物

パッガパオ

「ガパオ」は日本でも話題のタイ料理。本当は「カプラオ」のような「R音」の入る発音だし、本当はガパオはホーリーバジル(香りが強い葉)を指す言葉でしかないのだけど、日本ではしっかりとひき肉炒め+ごはん+目玉焼き添えのイメージが定着しました。ホーリーバジルがあれば最高。なければホーラパーなど別種のタイバジル、それもなければ、ミントや日本のバジルを使って作ります。いずれも、ひき肉炒めが素晴らしく鮮烈な風味をもって力強く美味しさを増し、食べたときに「わ!美味しい!」とつい口にしてしまいます。

なぜタイ料理のバジル炒め「กะเพรา」を日本ではガパオと言うのか。

材料

2人分):

にんにく
1かけ
赤唐辛子(※1)
1本
サラダ油
小1
ひき肉(※2)
150g
オイスターソース
大1.5
ナンプラー
大1
タイバジルの葉(※3)
お茶碗1杯
  • ※1:赤唐辛子は生のものがよいですが、ない場合は砕き唐辛子か鷹の爪の輪切りで代用します。
  • ※2:鶏ひき肉か豚ひき肉が一般的です。
  • ※3:あればホーリーバジル、ホーラパーも良い。なければミントか日本のバジルを使用します。

調理時間

作り方

  1. にんにくと赤唐辛子をすりばちとすりこぎで叩いてよく潰す。
  2. フライパンにサラダ油を入れて熱し、にんにく赤唐辛子を入れて炒め、香りが出たらひき肉を入れて7割ほど火を通す。
  3. オイスターソースとナンプラーを加えて全体に均一に味をつけたら、タイバジルを入れ、軽く炒めて葉がしんなりしたら出来上がり。
  4. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • ひき肉として売られているものを使っても美味しいのですが、塊肉をやや粗く叩いてミンチにすると、より美味しいです。
  • ごはんと目玉焼きをセットにする盛り付けが一般的です。
  • ごはんに合うような味の濃さに仕上がるので、初回調理のときは調味料を少なめに入れて味見をして様子を見てもよいです。

Tips about cuisine

  • 「パッガパオ」のタイ語(タイの公用語)の綴りは「ผัดกะเพรา」。
  • 「ผัด」(パッ)は炒めるの意味、「กะเพรา」(カプラオ)はタイバジル(ホーリーバジル、和名はカミメボウキ)の意味。よって「ผัดกะเพรา」(パッガパオ)は直訳して「タイバジルの炒め物」の意味になり、実質は「肉バジル炒め」を指す。
  • 日本では「カプラオ」が「ガパオ」と表記されるのが一般的になり、「パッガパオ」と表記されることもある。
  • なぜタイ料理のバジル炒め「กะเพรา」を日本ではガパオと言うのか。

  • 豚肉(หมู、ムー)を使う場合は「パッガパオムー」(ผัดกะเพราหมู)、鶏肉(カイ、ไก่)を使う場合は「パッガパオカイ」(ผัดกะเพราไก่)になる。ただし、卵(カイ、ไข่)を使う場合も「パッガパオカイ」(ผัดกะเพราไข่)になる。鶏肉のカイと卵のカイはカの音の出し方が違い、タイ語を知らない日本人には区別できないので、現地では注意。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。