ニューカレドニアのマルシェ風に朝ごはん

私が好きな、ニューカレドニア風の朝ごはん♪ 「de temps en temps♪」(ドゥタンゾンタン※)、時々は、カフェオレボウルにたっぷりのカフェオレを飲む朝食が恋しくなります♪

マルシェ風朝食

※「de temps en temps」(ドゥタンゾンタン)は、英語で言えば「from time to time」、日本語では「時々」。

ニューカレドニアは、かつて「天国にいちばん近い島」(森村桂の旅行記、原田知世主演の映画、同名主題歌)で知られるフランス領の国(※)です。

※フランスの海外領土区分は、自治権の高さなどから海外県(マルティニーク等)、海外準県(仏領ポリネシア等)などに分かれるが、ニューカレドニアはそのどちらでもない「特別共同体」に位置づけられている。

首都ヌメアに行ったら、私が真っ先に訪れたい観光名所はマルシェ(市場)です♪ 活気あるマルシェ(市場)の中には、朝早くから開いている立ち飲みのカフェがあって、地元の人が通勤前のモーニングに続々と立ち寄っています。

わー、雰囲気が素敵\(^o^)/
おねーさん、綺麗ー\(^o^)/

マルシェ風朝食

マルシェ風朝食

ここではタルティーヌ(ミニフランスパンを縦割りにして、バターやシュガーと共に焼いたもの)も人気なんですけれど、もうひとつ、クロワッサンを食べる人も多くて、私はこの日、カフェオレとクロワッサンの朝食をいただきました♪

マルシェ風朝食

このたっぷりサイズのカフェオレ♪ ニューカレドニアを訪れて以来大ファンになってしまいました。日本で暮らす今も、美味しいカフェオレの朝食がときどき恋しくなって、それでクロワッサンをお供にして、こんなニューカレドニア風の朝食を作ります。

マルシェ風朝食

* * *

私はニューカレドニアに3度訪れています。最初の訪問が2005年です。下の写真はその2005年撮影のものです。このときも、同じマルシェ(市場)の同じお店で、カフェオレをいただいています。

マルシェ風朝食

「いつか、このニューカレドア風のカフェオレの朝食を、自分の家でも楽しみたい」と思い続けてきた。でもすぐには実現しなかった。だけどもこの想いは消えなかった。・・・10年以上憧れが消えなかったのだから、この想いは私にとって本当の願いだったのだと思います。

だから、今もカフェオレのモーニングをいただくときは、いつもニューカレドニア風にクロワッサンかタルティーヌをいただいています。

マルシェ風朝食

こうやって外国の思い出を我が家にあちこちにちりばめたら、きっと楽しいじゃない?

「旅するように暮らす」楽しい我が家を、これからも絶えず作っていこうと思います。

同じカテゴリー「 メラネシア料理」の記事です♪

“ニューカレドニアのマルシェ風に朝ごはん” への1件の返信

  1. 尾関香澄 より:

    わおー!!!本当に最近カフェオレをたっぷりめにいただくことを忘れてました!!
    カフェオレボウル、買いに行こーっと!!あずささん、ありがとう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。