日本語のボルシチは、ロシア語ではボルシュ、ウクライナ語ではボルシュツ。

写真はロシア人のおばさんが作ってくれた、ロシア料理。私にとっては最高のおもてなしです♪ おばさんはこの料理を「ボルシュ」(ボにアクセントを置いて)と呼んでいました。

ボルシュ

このスープはロシア語でボルシュ(あるいはボールシュ、ボールシ)といいます。綴りは「Борщ」です。

でもね、この料理、ウクライナで発音を聞いたら違ったんです。ウクライナでは「ボルシュツ」と言っていて、「щ」の「シュツ」の音がよく出ていたんです。

そこで今回は、ロシアウクライナという2つの地域において、「щ」及び似た文字の「ш」の音について、勉強し、「Борщ」の読み方及び日本語カタカナ表記について考察しました。

* * *

◆Wikipedia「Ш」(≫こちらとWikipedia「Щ」(≫こちら
・ロシア語:「ш」はシャー、「щ」は「ɕɕ」(シシではなく鋭く長くシーと読む)(※)

※「щ」は古くは「ɕtɕ」(シュツのような感じ)と読んでいた。

・ウクライナ語:「ш」はシャー、「щ」は「ʃtʃ」(ш+чすなわちシュ+チュに相当)

◆英語ペラペラロシア人アンドレイの指導
友人アンドレイはロシア生まれのロシア人ですが、チェコなど東欧に住んでいたこともあり、東欧のスラブ系言語に明るい人です。先日モスクワに行ったときにも空港ラウンジでロシア語をマンツーマンで教えてくれました (^^)v

・アンドレイの発音:「ш」はシュー、「щ」はシー

◆ロシア語通訳の日本人友人の助言
いい友人がいてホント幸せ♡ 神様ありがとう(^o^)
以下が以前助言していただいたことの抜粋です。
「「Борщ」は、ロシア人がロシア語で話している限り、僕の耳にも「ボールシュ(ィ)」と聴こえますし、「ボールシ」と言っても通じます。(ちなみに生格は「バルシャー」。)チュコト半島からカリーニングラードまで多分一緒でしょうね。」

* * *

◆結論
当サイトでは、ビーツを使った赤いスープ、「Борщ」の日本語カタカナ表記を、ロシア料理としてはボルシュウクライナ料理名としてはボルシュ及びボルシュツとすることにします。

ロシア語では、「Бо(ボ)・р(ル)・щ(シュ)」、またはボルシ。
ウクライナ語では、「Бо(ボ)・р(ル)・щ(シュツ)」です。

ウクライナで考慮すべきは、国内 -そこには東西分裂問題やクリミア問題もある- におけるロシア人分布だと思います。ウクライナ東部はロシア人が多くて言葉の発音がロシア風。よってウクライナ国内におけるロシア語発音の要素を排除しないでおこうと思いました。

ボルシュ

ボルシュないしボルシュツは、生ビーツが入ると、うわーーって声をあげたくなるほど劇的に美味しくなります。是非レシピをご覧ください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。