ガーナのアカン語(チュイ語)の料理名一覧サイトが楽しい♪

ガーナの現地の料理名が分かるサイトを見つけました♪
「Abibitumi Kasa」(≫こちら

アカン語

何が気に入ったかって、現地の表記の「綴り」にわくわくする♪
だけどこれだけでは発音が分からないので、検証するのならば動画を探して音声を聞く必要などがありますが、Wikipedia「Twi」のページ(≫こちら)で、独特の発音もある程度音が分かります。

アカン語

なおこれによると、
・表記が「t」の場合、音声は[tʰ]
・表記が「tw」の場合、音声は[tɕʷ]
となるので、
「Twi語」は現地の人にはトゥイではなく「チュイ」と呼ばれることも矛盾なく理解できました。

* * *

なお、ガーナのアカン語の位置づけについては、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究「アカン語」テキスト(≫こちら)の序文が参考になりました。

アカン語

要点は、

  1. 「アカン語」は公的な名称で、現地では「チュィー」と呼ぶ。
  2. アカン語には9方言ある。うちアサンテ方言、ファンテ方言、アクアペム方言が3大方言で全体の約60%を占める。
  3. 異なる方言でも相互理解は問題ない。
  4. アカン語は(第二言語として用いる人も含めると)ガーナ国民の過半数が話す言葉であり、70以上の言語を抱えるガーナの共通語として機能している
  5. ガーナの公用語は英語だがアカン語の方が通用度が高い

そうなんです。だから、ガーナ料理名を現地名で語るとき、アカン語が分かると便利なのです。アカン語は、旅行者として訪れる首都アクラ、ケープコースト、クマシといった観光名所で通じやすいのも、私たちには便利です。

* * *

ガーナってどんな国?

西アフリカの中では栄えている国です。西の隣にコートジボワール、東にナイジェリアという大国があるから、突出して目立つわけじゃないけれど。そして日本人にとっては野口英世の功績と、あとはチョコレートで知られる国ですね。

ガーナ

私、野口英世像の前で千円札と記念撮影をしたくて(笑)、日本からバックパックで1年間、ピン札を折らずに運んで撮った、この写真は、微生物学フェチで微物大好きな私の念願の記念撮影(笑) アクラ(ガーナの首都)にて。

* * *

アフリカの女性たちは色とりどりの布を身にまといます。これが本当に美しくて、私はアフリカの旅が大好きです。

ガーナ

こうやって路上でごはんを売っている人は皆女性(ときに子供)です。彼女たちの美しい姿は、アフリカの旅の見どころのひとつです。行けば絶対感動しますよ。

ガーナ料理の面白いところは、周辺国によくある「1炭水化物+1おかず」のスタイルのほか、こうやって、炭水化物に炭水化物を乗っけて -例えば豆ごはんにパスタとか- トマトの赤いソース(シトやペペソースと呼ぶ)を乗せて、あとはよくスライスオニオンが乗っかるような、赤い色が際立ったなんとも美味しい盛り合わせをよく見かけます。

ガーナ料理

赤い料理は見るだけでも元気を分けてもらえます。暑いアフリカの国にいるとしても、さあまた元気に旅するぞ! って気分がしゃきんとするんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。