秋の常備菜を格上げさせる春のアイテム、「肉骨茶風のたけのこ煮」

秋の常備菜を格上げさせる春のアイテム

私の大好きな、筍のたっぷり煮です。
春にたくさん採れる筍を、採って10分以内にゆで、水気を切って冷凍保存しておきました。

中国醤油と日本の醤油と、漢方薬にもなる香辛料を使って、マレーシアのバクテー(肉骨茶)の味付けの汁を作り、凍ったままの筍を煮立った中に入れました。
ひと玉まるまる入るにんにくがいい味を出します。
気温が低い時期は、常備菜が作りやすくて、やる気が出ます。

我が家の近隣は竹があって、採りきれない量の筍が生えてきます。春は筍三昧の食卓になるので、秋冬に筍が恋しくなってきた頃に筍の煮物を作るのが美味しく食べる常備菜のアイディアです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。