アルナヴトジエリ

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイス大使2018】

スパイス大使レシピ
使用スパイス:クミン、タイム、カイエンペパー、こしょう
クミンタイムカイエンペパーこしょう

  • トルコ料理

  • 現地表記

    :Arnavut ciğeri(トルコ語)

  • 概要

    :レバーのスパイシー揚げ焼きの玉ねぎサラダ添え

アルナヴトジエリ

「アルナヴトジエリ」は「アルバニア風のレバー料理」の意味です。味とスパイス風味のついた粉でレバーを包んで揚げ焼きにするので、旨味が逃げないのが、美味しさの特徴です。添えられているスライス玉ねぎが、パセリやスマック(ゆかり風味のスパイス)で和えられていて、これまたすごく美味しくて、感動します。

おつまみ料理レシピ

おつまみ料理レシピ  スパイスレシピ検索

材料

2~4人分):

玉ねぎ
1個
イタリアンパセリ
刻んで1/2C
スマック(※1)
小1/2
鶏レバー(※2)
500g
強力粉
大2
クミン
小1/4
ドライタイム
小1/4
チリパウダー(※3)
小1/4
小1
こしょう
小1/4
サラダ油
大3
  • ※1:スマックは西アジアの料理によく使われるスパイスで、ゆかりのような風味と酸っぱさをもっています。よって、スマックがない場合、ゆかりで代用するとよいです。
  • ※2:牛のレバーでもよいです。鶏レバーの場合はハツ(心臓)がついて売られていることが多いですが、その場合はハツを含めてもよいです。
  • ※3:ここで言うチリパウダーは、赤くて辛い唐辛子の粉末のことです。カイエンペッパーと表記されているものでもよいです。一味唐辛子などを使ってもよいです。

調理時間

作り方

  1. 玉ねぎをスライスし、イタリアンパセリを刻む。
  2. イタリアンのうち少々(トッピングの分)を取り除いた分、スライスした玉ねぎ、スマックをボウルに入れて混ぜ、皿に敷いておく。
  3. ビニールの袋に、強力粉、クミン、ドライタイム、チリパウダー、塩、こしょうを入れて均一に混ぜておく。
  4. 鶏レバーとハツを2cm角に切り、ビニール袋に入れ、空気を入れて口をとじて風船のようにして持ち、しゃかしゃかふって、均一に粉をまぶす。
  5. フライパンに油を敷き、強火で加熱して、レバーとハツを入れる。互いにくっついている場合は離しながら、ひっくり返しながら加熱し、衣がカリっとしたら1つ味見をし、中が生っぽくないことを確認する。
  6. お皿に盛り、トッピングのイタリアンパセリを乗せてできあがり。
  7. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • スライスした玉ねぎの辛さが苦手な場合は、水にさらしてから水気を取るとよいです。
  • 炒めるときは菜箸を使うとよいです。くっついたレバーどうしを離すのも、1つ1つ頃合いを見てひっくり返すのも、菜箸だと作業しやすいです。
  • 「ジエリ」は、内臓全般をも意味する言葉なので、肝臓以外の部位が入ってもよいです。日本だとハツとレバーがくっついて売られているので、両方入れてよいです。

Tips about cuisine

  • 「アルナヴトジエリ」のトルコ語(トルコの公用語)の綴りは「Arnavut ciğeri」。
  • 「Arnavut」(アルナヴト)はアルバニアの意味、「ciğeri」(ジエリ)は肝臓(または肝臓を含め内臓全般)の意味。よって「Arnavut ciğeri」(アルナヴトジエリ)は「アルバニア風レバー料理」または「アルバニア風臓物料理」という意味になる。
  • 「ğ」の発音は3パターンあります。1)子音の前や語末では前の母音を長く発音する、2)a、ı、o、uの間では無音、3)e、i、ö、üの間では、y(ヤ行の子音)。ciğeriは「ジイェリ」と綴るとよいのだろうけれど、日本人が発音しやすい日本語カタカナ化表記としては「ジエリ」がよいと思う。


本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です