フィナデニ

  • 北マリアナ料理、グアム料理

  • 現地表記

    :Fina’denne’(チャモロ語)

  • 概要

    :酸っぱくて辛い醤油ベースのタレ

フィナデニ

北マリアナは米国内で自治をもつ国です。14島あるうち人が住む島はサイパン島、テニアン島、ロタ島で、そのすぐ南がグアムです。グアムや北マリアナは、日本支配の有無などの歴史が異なりますが、そこに住む人は皆チャモロ人。そして日本がチャモロ人に大きな影響を与えたと思われるのが、このフィナデニという醤油ベースの美味しいタレです。魚料理にも肉料理にも、酸っぱくて辛くて醤油が利いた味わいがマッチします。外国の料理にあまり関心がない人にもお勧めでき、好まれる味だと思います。

材料

300mLの保存容器に入る量):

醤油
150mL
酢(※1)
70~100mL(※2)
みかん(※3)
1個
玉ねぎ
中1/2個
唐辛子(※4)
1~3本
クエン酸(※5)
小1
  • ※1:北マリアナやグアム現地では伝統的にはココナッツの果汁が発酵してできるビネガーを使っていましたが、今は輸入の工場生産の酢を使っています。日本の穀物酢で構いません。
  • ※2:醤油と酢の比率は3:2や2:1などです。酸っぱいのが好きか嫌いかによって、お好みの量の酢を加えればよいです。レモン果汁を多く使う場合は酢を減らしてもよいです。
  • ※3:みかんは温州みかんのようなもの。現地の柑橘は、日本のみかんが極めて酸っぱいような味のものが多くあり、今回のレシピではみかんを使って現地の柑橘の風味を出し、クエン酸を足して酸味を増すことで、現地に近い味と香りを再現しています。みかんがなければレモン果汁を使うとよいです。
  • ※4:生の唐辛子があればそれを使いますが、なければ鷹の爪を使うとよいです。生の唐辛子があり2本以上加えたいときは赤唐辛子と青唐辛子を混ぜてもよいです。
  • ※5:レモン果汁を使う場合や酸っぱいのがあまり好みではない場合はクエン酸は不要です。このレシピはみかんを使って豊かな柑橘風味を出し、さらに北マリアナやグアム現地で味わった鮮烈な酸味を出したいのでクエン酸を加えました。クエン酸は食用になるものかどうかを事前に確認するとよいです。

調理時間

作り方

  1. 容器に醤油と酢を入れ、みかんの果汁をしぼって入れる。
  2. 玉ねぎを粗いみじん切りにし、唐辛子を小口切りにして、容器に入れ、全体をよく混ぜる。
  3. 味見をして、より酸っぱいものが好みであれば酢またはクエン酸を入れる。
  4. Enjoy!

材料と調理のこつ

  • 1回で使い切るものでもないので、冷蔵庫で保存できるよう、フタつきの容器を使うとよいです。
  • 小ねぎの小口切りを加えるレシピもあります。
  • 唐辛子の種は取っても取らなくてもよいです。
  • 1晩以上冷蔵庫に置いておくと、玉ねぎが醤油で黒く染まるのですが、その染まった玉ねぎが非常に美味しいので、私は玉ねぎを粗いみじん切りにしています。
  • 現地では特に計量をせず、材料を混ぜながら味見をして作りますので、分量の幅は極めて広く、お好みの分量で作っていただけます。
  • 現地の柑橘は酸味が強いので、クエン酸を使うのは日本で現地の酸味を出すためのレシピです。醤油の味が薄まっても良いのであれば、単に酢を足すことで酸味を強くできます。

Tips about cuisine

  • フィナデニのチャモロ語(北マリアナとグアムの公用語)の綴りは「Fina’denne’」。
  • 「Fina’」(フィナ)は「たくさん」という意味、「denne’」(デニ)は「唐辛子」の意味。よって「Fina’denne’」(フィナデニ)は「唐辛子が利いている」といった意味になる。
  • よく見かけるfinadene、fina’dene、Fina’ denne’などはチャモロ語の綴りとしては誤りである。
本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさにあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしていますので)】
・小学校や中学校の宿題や課題で当サイトを活用してくれた生徒さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・営利目的や利益が生じる手段での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です