【ジビエ×スパイス×世界の料理・連載第4回】「イノシシの内臓×ローリエ×フィリピン料理」~ボピス編~

゚・*美味しさは、香りで作る。*・゚【スパイスアンバサダー2020】

スパイスアンバサダーレシピ
使用スパイス:こしょう、ベイリーフ
こしょうベイリーフ

2020年度スパイスアンバサダーの活動報告
1月の活動内容として、「スパイスで好き嫌い解消チャレンジ!苦手な食材をおいしく克服しよう<味覚が育つ楽しいレシピ編>」という趣旨に基づいた情報発信をする運びとなりました。そこで、本タイトルの通り【ジビエ×スパイス×世界の料理】として、5回連載形式でスパイスアレンジレシピをお届けします。

* * *

ジビエ、苦手ですか?
野獣です。
苦手な人多いですよね。
でも・・・、

ジビエ料理は、今後絶対世の中に必要になると思う。

ジビエは飼育肉の対義語で、狩猟で得られる肉を主に意味します。日本ではジビエの肉となる動物はイノシシ、アナグマ、シカ、タヌキなど、主に害獣です。里山暮らしの地域では、人口が減っていることもあり、獣は一層繁殖しやすく、畑や果樹園を荒らします。害獣対策は各自治体が講じ、自治体で助成金や確保協力金を出すなどの対策もされています。しかし問題なのは、その確保した肉が、一般消費者になかなか届いていないこと

現在もジビエ振興の動きはありますが、ジビエ振興のために、私は料理面において、以下のことが必要であると考えます。

  1. 肉を血抜きされた良い状態で流通すること。ジビエは臭いといった先入観を排除すること。
  2. 一般スーパーなどでも供給する体制の確保。
  3. 一般家庭でも美味しく調理でき、消費できること。そのために美味しいレシピが多いこと。
  4. 美味しいレシピが広まるために、まずは狩猟肉文化の諸外国のレシピが広まること。

ジビエ肉は、本来人類が食べてきた肉。人類の本能の旨さを引き出す肉。ジビエ肉を食べることは、本当に美味しいものを美味しいと分かる本来の味覚を育てることでもあります。もっとみんなでジビエを知って、ジビエの苦手意識をなくして、ジビエ振興に理解と協力を増していきませんか。

連載第4回は、「イノシシの内臓×ローリエ×フィリピン料理」~ボピス編~です。

ボピスはフィリピンの国民食で、内臓を角切りにして醤油やスパイスを使ってコテコテ味に旨く煮詰めた料理です。ココナッツミルクが入るからこれまたうまい。

ボピス

うわあ♪♪
美味しい♪♪

内臓まで美味なるジビエ肉ですから、肉が手に入るときは、是非内臓も入手できたらいいですね。

heart『ジビエでも♪ ボピス♪』
材料(4人分):

赤パプリカ
1/2個
イノシシのハツ他(※1)
500 g
玉ねぎ
1/4個
にんじん
1/2本
ベイリーフ
1枚
サラダ油
大1
トマト
1/2個
適量(※2)
ココナッツミルクパウダー
大2
大4.5
砂糖
小1+1/3
こしょう
小1/3
小1/2
醤油
大1.5
老抽(※3)
大1.5
鷹の爪
1本
味の素
少々

※1:スーパーで売っている豚肉類で調理するなら、豚ハツ400 gと豚こま切れ肉100 gをブレンドするとよいです。
※2:水は、炒めた具が浸る量を使います。フライパンの形状にもよりますが例えば400 mLくらいを使います。
※3:色が濃いのに塩分が強くない中国醤油です。なければ普通の醤油を使います。

作業工程:50 分

  1. 赤パプリカスライス少々を最後のトッピング用に取り分けておく。
  2. イノシシの内臓、玉ねぎ、赤パプリカを8 mm角切りにする。にんじんは5 mm角切りにする。ベイリーフは葉脈を断ち切る方向で半分に切っておく。
  3. フライパンか鍋にサラダ油を入れて熱し、角切りにした材料全てとベイリーフを入れ、5分程度炒める。
  4. トマトを崩しながら入れ、トマトを潰しながら炒める。
  5. 具が浸る量の水(フライパンや鍋の形状にもよるが400 mLくらい?)を入れて強火にし、調味料を全部入れ、ときどき混ぜながら30分ほどかけて煮詰めていく。火加減が強すぎると思ったら弱める。
  6. 煮汁が少なくなってきたら味見をし、酢加減や醤油加減、甘さ加減などを好みに調える。
  7. Enjoy!
(←click!)
このレシピやブログ記事を気に入っていただけたら応援クリックお願いします(*^_^*)

ボピス

「美味しーい!」

「ボピス」をフィリピンで食べ、美味しくて一日の疲れも解消できそうな実感を得ました。材料は豚やイノシシの内臓(心臓、肺、脾臓)。味付けはココナッツミルクと酢と醤油。玉ねぎやトマトやにんにくを加えて旨味と滋養を増しています。日本では、肺や脾臓は一般には流通していないので、ジビエに出会えたら是非これを。「酢を摂る健康法」ってありますよね。こういう料理は、酢の酸味に豚の内臓から得られるパワーも加わるから、日頃の疲れを取るようなレシピとしても有用なのではないかと思っています。

* * *

世界はそのスパイスの使い方を持っています

本企画も、やりがいを持って取り組むと本当に有意義ですね。多くの人にとって美味しいという保証つきの料理をレシピつきで紹介することで、「作る楽しみ」や「食べてみる意欲」が芽生える一助になり、その結果として自分や家族の好みに合う新しいレシピが見つかっていくという形で貢献できるのならばとても嬉しいです。次回もどうぞお楽しみに☆


スパイスで好き嫌い解消料理レシピ

※本記事は(1)「ハウス食品×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画に参加していること、(2)スパイスをモニター提供されたことに基づき執筆するものです。



* * *

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。