【力作】中央アジアのマントゥ/マントゥイ/マンティの包み方と食べ方について

今日の記事タイトルは「中央アジアのマントゥ/マントゥイ/マンティの包み方」です。小麦粉の皮で肉の具を包む料理なので、その包み方も様々な方法があるのですが、ちゃんと包めるようになると出来映えもちゃんと中央アジアの雰囲気が出るので、旅に出ては楽しく作り方を見学してきました。

そして私が自宅で何度も作って、やがて「自分の包み方」に落ち着いた、簡単版と豪華版の2パターンを、今回は分かりやすく伝わるよう、写真とともに紹介します。

レシピは、≫こちら

* * *

以下はまず簡単版から。

1)【共通】小皿にクッキングシートを乗せ、1辺12 cm正方形の生地を乗せ、具を乗せます。

マントゥ

【注意】
蒸し上げるときの蒸気が肉に入り込むことで肉汁たっぷりに仕上がるため、皮が破れると肉汁が流れて失敗です。作業台から蒸し器へ移動させる際に破れると失敗。だから生地に触らず蒸し器へ移動するための小皿があるとよい。それ以上に、蒸している間に生地が蒸し器の底にくっついてしまうとはがすときに破れて失敗。だから、失敗を防ぐために(小皿と)クッキングシートはほぼ必須です

2)【簡単版】上下を閉じて、左右を閉じて、

マントゥ

3)【簡単版】左右をそれぞれつまんで閉じて、2つのエレガントなくぼみを作って出来上がり!!

マントゥ

* * *

次は豪華版です。

1)【共通】小皿にクッキングシートを乗せ、1辺12 cm正方形の生地を乗せ、具を乗せます。

マントゥ

2)【豪華版】最初に左右を閉じて、次に上下を閉じます。

マントゥ

3)【豪華版】下の生地の上下を引き出してつまみます。

マントゥ

4)【豪華版】反対側の横をつまみ、次に上下をつまむと、お花が咲いたみたい!!

マントゥ

5)【豪華版】あとはふんわり閉じて出来上がり♪

マントゥ

* * *

あと、下のウズベキスタンでの写真のように、円形の生地のフチを全周つまむのもよくある方法です。

マントゥ

ただしこの方法は、生地を1つ1つ円形に延ばす必要があります。四角形を作るほうが、一気に巨大に延ばしてカットするので、生地の無駄部分が生じにくい。さらに、円形生地の全周をつまむより、四角形の角をチョンチョンとつまむほうが短時間で包めるように思います。一番の違いは、円形生地のフチを全周つまむと蒸気が出入りする隙間ができないため中の肉汁がたまりにくいのですが、持ち運びしやすくテイクアウト形式で販売しやすくなるでしょう。

以上の理由で、私は、自宅で作って自宅で食べるのなら、四角形の生地を作ることで落ち着いています。

* * *

蒸します♪

マントゥ

さあ蒸している間に薬味を用意して。

マントゥ

私の好みは、マントゥ/マントゥイ/マンティの食べ方で最も多いと思われるヨーグルト+ディルです♪ ディルがなければヨーグルトだけでいいんです。アフガニスタンを思い出すときは黒こしょうを多めにかけます♪ あとトマトソースをかけるお店もよくありますね。そういうお店って多分チェブレキなど他の料理と兼用でトマトソースを置いているような気がするので、自宅でなら、ヨーグルトを用意するほうが手間がなくて簡単です。乳製品の高カルシウムは日本人が日頃足りていない栄養素の補充に強力に役立ちますし。

* * *

さあ蒸し上がった♪

マントゥ

本格的な見映えのマントゥ/マントゥイ/マンティがちゃんと作れますと嬉しくなります♪

* * *

この記事のタイトルは、「中央アジアのマントゥ/マントゥイ/マンティの包み方について」としました。数多くある包み方のうち、自分自身が現地で教わって学んできたことを、ようやくこうして記事にまとめることができました。

お店では、厨房に入れないとしても、こうして客席で紙を使って教わることもしてきました。

マントゥ

それをあちこちでメモしてきたことが、今日、やっと1本の記事にまとまることができました。

「旅の1秒も無駄にしない」ことが私の目標です。だから、教わったことが無駄にならず、こうして自分自身の記念になる形で残すことができて、本当に嬉しいです。

そして、1人でも多くの方に、ユーラシア高原の素晴らしい伝統食を楽しんでいただけることを祈って…。

レシピは、≫こちら



* * *

本記事、レシピ内容及び写真の著作権はすべて管理人:松本あづさ(プロフィールは≫こちら、連絡方法は≫こちら)にあります。読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。
出典URL付記リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】
・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。
事前連絡出典明記をお願いします】
・個人、団体、企業等の活動や出版等で、当サイトおよび当管理人のもつ料理レシピや写真を活用・使用したい場合(料金は≫こちら)。
事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】
・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。
ご遠慮ください】
・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。
・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。
※免責事項:上記の引用に基づいて万が一損失・損害がありましても、対応はユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。